ここから本文です

「H、K、Kが美人の始まり」いいオンナの決め手は、顔ではなく“しぐさ”だった

6/17(土) 21:30配信

週刊女性PRIME

 ものすごい美人なわけでもなく、スタイルも普通なのに、いつも異性からチヤホヤされる女性っていますよね。こういった美人ではないけれど「美人オーラ」をまとっている女性というのは、「しぐさが美しい」と指摘するのは、ポージングディレクターの中井信之さん。

【この記事のすべての写真を見る】

 これまで芸能人の卵を5000人以上、磨き上げ中井さんは、「若さや顔立ちに関係なく、しぐさを変えるだけで“いい女”度がアップ。周りに好印象を与えると人間関係が好転し、ハッピーなことが増えます」とアドバイス。

「私は女優やタレントを目指す女性たちにポージングを教えてきましたが、“しぐさ”による印象がオーディションの合否を決定することがわかりました。美しいしぐさの基本とは、H(ひねる)、K(重ねる)、K(傾ける)です。

 ひねることはセクシーな印象を与え、重ねることで上品さを演出、傾けることでやわらかさや可愛らしさを作ることができます。ミロのビーナスやモナリザなどもこの“HKKの法則”が使われていて、世界共通の美しいしぐさと言えるでしょう」

 大ブレイク中の芸人・ブルゾンちえみさんは、「キャリアウーマン」ネタの中で、何度も髪をかきあげますが、「髪しぐさ」は女性らしさをアピールするもの。短い髪でも髪を触ることで、セクシーな雰囲気を漂わせています。また、ひねる、重ねる、傾けるの“HKKの法則”もところどころに取り入れられていて、まさに神ワザの“モテしぐさ”で“いい女”を自然に演じていることがわかります。

 一方で、メイクや服装に力を入れていても、気づかぬうちにやっている“おブスしぐさ”で、あなたの印象は一気にマイナスに。

 例えば、スマホが普及し、猫背で下を向いて打つ人が増えていますが、これはどう見ても“おブスしぐさ”。

「猫背は老けて見えますし、うなだれた感じで顔も見えません。でも、スマホを顔の高さまで持ち上げると“モテしぐさ”になります。また、座っているときや歩いているときに、足やわきがあいていると“おばさん”感が……。わきは締め、足は“重ねる”を意識しましょう」

 食事のときのしぐさで印象を下げてしまう人も多いそう。

「口の中にたくさん食べ物を詰め込んでしゃべるなど、相手が不快に感じてしまう食べ方をしていませんか。きれいに食べることは、相手と良好なコミュニケーションをとるためにも必要です」

 さらに、自分のイメージに合ってないしぐさをするのも不自然でNG。

「ナチュラルなタイプの人が、セクシーなしぐさをしても違和感があり、魅力的には見えません。無理してしぐさを作っても、相手の心を動かすことはできないのです。座り方、歩き方、食事といった基本的な美しいしぐさを身につけるだけで十分、美人オーラを発揮できるので、今回紹介している“おブスしぐさ”をなくすようにしてみてください」

<おブスに見えるしぐさとは?>
・猫背や前かがみの姿勢になっている
・足やわきがあき、くっついていない
・口の中に食べ物をたくさん詰め込んで食べる
・自分のキャラに合ってないしぐさをする というわけで、中井さんに、やってしまいがちな“おブスしぐさ”を今すぐ改める方法を教えてもらいました。

1/3ページ

最終更新:6/17(土) 21:30
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)