ここから本文です

プロ野球交流戦「恐怖のジンクス」移籍初年は古巣を打てない

6/17(土) 11:00配信

SmartFLASH

 6月9日から11日まで、プロ野球のセ・パ交流戦で、巨人対日ハムの試合が行われた。この3連戦で、日ハムの大田泰示外野手が10打数7安打で打率7割、2本塁打で2打点の大活躍を見せた。

 ファンにとっては、若手の台頭という素晴らしいニュースであったが、実はプロ野球の歴史上においても快挙だったといえるのだ。

 13年目を迎えるセ・パ交流戦では、様々なジンクスがあり、「移籍初年は古巣を打てない」もそのひとつ。

 もともと在籍していたのだから情報があり、得意にしてもよさそうなものだが、なぜか大半の選手は古巣に苦戦する。その詳細は表で一目瞭然。昨年見事な復活劇を見せてくれたヤクルト坂口さえこれである。日本人なら「遠慮もあるか」と思わざるを得ない部分もあるが、外国人選手までダメとなると……。

 これまでの唯一の例外は2011年ソフトバンクに移籍した内川聖一で、横浜戦で打率.412、本塁打1本。セ6球団に対して、もっとも打ったのが古巣だった。

 この例外に続いたのが太田なのだ。第2戦ではヒーローインタビューでお立ち台に上がった際に「ファイターズ最高」のフリを受けたが、「いろいろ諸事情があり、今日はご勘弁ください」と古巣への配慮を見せた。

 大活躍をしながらも、この謙虚な姿勢。今後の躍進も間違いなしか。

最終更新:6/17(土) 11:00
SmartFLASH