ここから本文です

南アフリカ&マラケシュの大いなる自然に触れられるリゾート地

6/17(土) 17:30配信

ハーパーズ バザー・オンライン

都会の喧騒から離れ、息をのむような大自然のスケール感を味わうのも旅の醍醐味だ。リゾート地でビーチクルーズもいいけれど、時にはワイルドな非日常空間へエスケープするのもおすすめ!南アフリカ、マラケシュで大自然に囲まれながら過ごすことのできる、3つのリゾート地をご紹介。今年のサマーバケーションの旅先の候補に入れてみてはいかが。いつもとは違った貴重な体験ができるはず。

【写真】チャンスがあれば野生動物も間近で見られるかも。大自然に囲まれたリゾートの魅力

シンギータ・キャッスルトン

南アフリカ、サビ・サンドの中心に位置するシンギータ・キャッスルトン。自邸でくつろぐようにステイできるアフリカのリゾートとして注目を集めているシンギータはアフリカ国内数カ所にロッジやテントキャンプのサイトを所有している。草原を駆け回るチーターを追いながら見た忘れられないほど美しい夕暮れ、そして雌ライオンが子供ライオンに鼻をすり寄せる様子など、大自然をバックに野生動物たちの思いがけない姿に出会える。象、ライオン、サイ、ヒョウ、水牛といったビッグ・ファイブとよばれる動物たちに出会える確率が高いのだそう。

SINGITA CASTLETON
https://singita.com/lodge/singita-castleton/

シンギータ・エボニー・ロッジ

シンギータ・キャッスルトンに比べるとより洗練された印象のシンギータ・エボニー・ロッジ。滞在中のアクティビティのなかでも早朝からのウォーキングサファリはおすすめ。動物たちの息づかいすら聞こえてくるほどだ。そして強い日差しを浴びたあとは、体を休めるようにリゾート内のプールへとダイブするのも一興。そして夜になるとあたり一面をおおいつくす星空にも驚かされるだろう。静寂に包まれ、動物の鳴き声を聞きながら眺める夜空の美しさは言葉を失うほどの感動が。日が昇り、沈むまでのあいだ、大自然のサイクルへと溶け込むような日々が過ごせる。

SINGITA EBONY LODGE
https://singita.com/lodge/singita-ebony-lodge/

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年12月号
2017年10月20日発売

定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。