ここから本文です

原江里菜、渡邉彩香、香妻琴乃ほか12名が語る「私にとっての宮里藍」

6/17(土) 11:40配信

webスポルティーバ

今季限りの現役引退を発表した宮里藍(31歳)が、先のサントリーレディスで国内”ラストゲーム”を戦った。日本女子ゴルフ界を盛り立てた第一人者のフィナーレというだけあって、連日凄まじい盛り上がりを見せた。その姿を、ともに戦ってきた選手たちも熱い眼差しで見つめていた。彼女たちにとっても、宮里藍はまさに”特別な存在”なのである。その思いを今回、多くの選手たちに語ってもらった――。

【写真】女子ゴルフ界の「スマイルクイーン」


◆渡邉彩香(23歳)
1993年9月19日生まれ、静岡県出身。今季賞金ランキング12位。
2012年プロテスト合格。ツアー通算3勝。(※成績等のデータは6月16日現在、以下同)

 今年の中京テレビ・ブリヂストンレディスで、藍さんが最終日にスコアを伸ばして、私も同様に伸ばすことができて、ロッカールームで「(契約先の)大会を盛り上げられてよかったね」みたいな話をふたりでしたばかりだったんです。その直後に引退を発表されたので、びっくりしました。でも、今思うと、同じホステスプロとして一緒に上位フィニッシュできたのはよかったな、と思っています。

 実は数年前、藍さんが苦しんでいるときに話をする機会があったんです。そのとき、「調子が悪いときはどうしているんですか?」と聞くと、藍さんは「調子が上がらないときも、絶対に逃げない。逃げちゃダメ」と言っていたんです。そして、「どんなにつらくても、目の前の試合から、自分のやっていることから逃げない」と。「そういうときこそ、(自分と)向き合うしかないから」って。

 昨年、私は調子を崩して、ドライバーがどこに行くかわからなくて、試合に出たくない状態にあったんですけど、そのとき、藍さんから言われた言葉を改めて思い出し、しっかり心に刻んで試合に出続けました。(私の中では)あのときの、藍さんの言葉がずっと支えになっています。


◆香妻琴乃(25歳)
1992年4月17日生まれ、鹿児島県出身。今季賞金ランキング59位。
2011年プロテスト合格。ツアー未勝利。

(藍さんとは)3年前、試合で一緒に回ることができました。すごく気さくで、優しい人だな、というのが率直な印象でした。それ以降、会うと「どう、元気?」って声をかけてくれます。

(横峯)さくら姉ちゃんと藍さんは、ジュニアの頃からすごいライバルだって聞いていて、(ふたりの関わりを)見ていると「なんか、いい関係だなぁ~」ってずっと思っていました。31歳での引退は早いんじゃないかなって感じますけど、すごく濃いゴルフ生活を送ってきたでしょうから、藍さんなりの気持ちがあるんだろうなって思います。


◆勝 みなみ(18歳)
1998年7月1日生まれ、鹿児島県出身。アマチュア。

 ゴルフを始めたのは祖父の影響もありますけど、ちょうどその頃に藍さんが活躍されていて、それを見て「カッコいいな」と思ったことが大きなきっかけでもあります。プレースタイルも素晴らしいんですけど、人間性に憧れます。

 3年前(2014年)、ワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップで同じ組で回らせていただいたことがあったんですけど、そのときは緊張しすぎて何を喋ったかも覚えていないくらいで……。初日は手も動かなくて、結構迷惑をかけてしまった部分もあったんです。

 私の中では”藍さん=神様”みたいな感覚なので、会った瞬間、すごくうれしかったんです。もうヤバかったです。ツアーの最年少優勝記録は私が塗り替えましたが、自分の中で藍さんを超えることはないので、ずっと目標の選手です。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか