ここから本文です

男性ファンも増加中!? 初日は菱田正和監督が大フィーチャーされた『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』

6/17(土) 19:01配信

おたぽる

 プリズムエリートたちが、待ちに待っていた劇場アニメ『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』(以下、『キンパラ』)が、今月10日からついに公開がスタート!

初日舞台挨拶は全国50ヵ所以上でライブビューイングされた上、韓国でも同時公開&ライブビューイングと、煌めきまくるイベントに。そんなキンプリの聖地として知られる新宿バルト9の初日の模様について、会場のファンはというと……。

「途中、泣けてしまうシーンが何度もありましたね、上映が終了して場内が明るくなった瞬間、会場の半分ぐらいは涙をぬぐっていましたし。全体的に満足度は高かったように思います。あと、男性ファンの姿も意外に多かったですね、4対1ぐらいの比率で男性もいたんじないかな。

 その後、舞台挨拶で登壇した畠中祐さんは、『キンプラを観た後だとみんな体力の消耗が見えるというか(笑)』とコメントしていましたけど、まさにその通り、泣いたり笑ったり、気持ちよく疲れる出来でした」(舞台挨拶に参加した20代女性)

 イベントには寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬とエーデルローズのメンバー7人が初めて同じ舞台に立つという豪華なもの。しかし、7人だけでなく“8人目”の菱田正和監督も会場のファンに大人気だったという。

「菱田監督はエーデルローズの7人が舞台で揃ったことに『この景色を見るためだけに来たよ!』と、うれしそうだったんですけど、7人が役名で挨拶した流れに乗って『青葉譲役の菱田正和です』と挨拶、笑いを誘っていました(※青葉譲は菱田監督の別名義)

 10月21日にライブイベントの開催を発表していたんですけど、スクリーンに“なおこの日は菱田正和監督の誕生日です”と大きく出てました。菱田監督も知らされていなかったようです、以前このライブイベントのことを関係者から聞かれたときに、そっけない反応だったとも話されていましたから。でも、『僕のためにありがとうございます(笑)』と照れながら笑顔で切り返して、大きな拍手を浴びていました」(前出の20代女性)

 なお、このライブイベントの優先申込券は、本作第5弾の来場者特典となる予定だとか。「昨年の『キンプリ』公開前は、公開2週間で打ち切りの可能性もあっただけに、菱田監督は『上映が(それまで)続いてほしいですね』とコメント。謙虚というか、気を引き締めていた様子でした」(前出の20代女性)。

 とはいえ、今月12日に発表された週末興行成績では56館での公開ながら、初登場で見事7位にランクインし、興行収入は約8,200万円と好調スタートを切っただけに、この菱田監督の不安もどうやら杞憂に終わりそうな様子。

 これから作品に関する話題でどんなプリズムの煌めきを見せてくれるのか、楽しみで仕方ないものになりそうだ。

最終更新:6/17(土) 19:01
おたぽる