ここから本文です

「人事評価」と「給与」は連動している?していない?

6/17(土) 10:10配信

@DIME

人事評価に見合う給与をもらっているか考えたことはあるだろうか。人事評価クラウド型運用おせっかいサービス「ゼッタイ!評価」を提供するあしたのチームは、評価と給与に関するインターネット調査を実施した。その結果、会社経営者・人事担当者・従業員の間で大きな意識の差があることが明らかになりました。

【グラフ】「人事評価」と「給与」は連動している?していない?

■人事評価制度の実態

会社経営者に対し、人事評価制度を導入しているかを伺った。2014年に実施した調査では「導入している」という回答が35.7%に対し、今回(2017年)の調査では「導入している」という回答が54.5%と18.8ポイント差となり、人事評価制度の導入が増加傾向にあることがわかる。

現在の中小企業では「人手不足」・「賃上げ」・「時間外労働の規制」・「労使紛争」・「社会保険料の負担増」という「五重苦」の状況に置かれているケースが多いようだ。こうした状況を解消し、競争力を高めていくためには「人事評価制度を時代に合った形に変える」ということも重要であるといえる。

次に会社経営者と人事担当者に対し、【人事評価】について従業員は満足していると思うかを聞いた。「満足していると思う」と「やや満足していると思う」を合計した結果をみると、全体では55.1%が「満足していると思う」という結果となった。役職別でみると、人事担当者より会社経営者の方が「従業員は満足している」と思っているようだ。

また従業員に対し、【人事評価】について満足しているかを聞いた。「あまり満足していない」と「満足していない」を合計した結果をみると、約7割が「満足していない」という結果となった。経営者の6割以上は、人事評価について従業員が満足していると思っているが、従業員の約7割は「満足していない」と回答し、経営者と従業員の人事評価に対する満足度の実態のギャップが明らかになった。

■人事評価と給与の連動について

会社経営者の7割以上、人事担当者の半数以上が「連動している」という回答に対し、従業員の8割以上が「連動していない」・「わからない」と回答した。人事評価と給与の連動について「会社経営者・人事担当者」と「従業員」の間に大きな意識の差があることがわかる。

前問で「連動していない」または「わからない」と回答した理由を自由回答形式で聞いたところ、「年功序列だから」や「固定給だから」という回答が目立つ結果となった。

【「連動していない」の回答理由】
・固定給だから(20代)
・頑張っても給料が安いから(20代)
・昇給がないから(30代)
・年功序列だから(30代)
・上司が評価していても経営者が評価を下げるから(30代)
・社長がすべて決めるから(40代)
・評価がわからないから(40代)
・能力が正当に評価されていない(50代)

【「わからない」の回答理由】
・ある程度、年功序列だから(30代)
・明確な線引きがなされているように感じないから(40代)
・評価に関わらず、給料の差がみられるから(40代)
・人事評価点は当人にも全く知らされず、目標の具体性がわからないから(40代)
・評価内容が不透明であり、また仕事の成果に関わらず賃金がほぼ一定だから(40代)
・評価基準がよくわからないから(50代)
・ここ数年、給与が上がったことがない(50代)
・経営者の気まぐれだから(50代)

■会社規模による給与の決め方について

会社の従業員数を聞いたところ、「10名~30名未満」が23.8%で最も多い結果となった。

給与は、どのように決められているかを伺った。全体で最も多い回答が「社長の独断」34.1%という結果となった。次いで、「人事評価制度」23.2%、「人事または上司との面談」13.0%の順となっている。また、会社の従業員数別で結果をみると、従業員が30名未満の会社で最も多い回答が「社長の独断」52.1%と半数を超える結果となった。従業員が30名未満の会社は、従業員が30名以上の会社と比べ、社長の独断によって給与が決められるケースが多いようだ。

今回の調査で人事評価に対する従業員の満足度は、経営者が思っているより低いということがわかった。また、従業員の8割以上が人事評価と給与は「連動していない」・「わからない」と回答し、理由として「社長がすべて決めるから」や「評価基準がよくわからないから」などの声も挙がっている。社長の独断のみで給与を決めず、正当な人事評価によって給与を決めていく仕組みが今後求められるのではないだろうか。

【調査概要】
調査方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査対象:アイリサーチ登録モニターのうち、従業員300名未満の会社で、人事に関わることがある会社経営者もしくは、人事に関わることがある人事担当者もしくは、人事評価を受ける立場の従業員男女20歳~69歳を対象に実施
有効回答数:1200人(会社経営者:400名、人事担当者:400名、従業員:400名)
調査実施日:2017年3月10日(金)~2017年3月14日(火)

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:6/17(土) 10:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた