ここから本文です

ネイル界にイノベーション!最新ネイルプリンターで作るジェルネイル「ツメコ」

6/17(土) 12:10配信

@DIME

◆指5本を同時にプリントできる最新ネイルプリンターで早い、キレイを実現

 通販でおなじみのベルメゾンを運営する千趣会が今年2月からサービスを始めたジェルネイルサービス「ツメコ」。約3年の研究開発を経て実現した、最新のネイルプリンターを使ったジェルネイルで、スピーディーできれいに仕上がると話題になっている。ツメコの専門店舗「ネイルスタンド ツメコ」が期間限定(8月31日まで)で、新宿マルイ アネックス4階にオープンした。

【写真】ネイル界にイノベーション!最新ネイルプリンターで作るジェルネイル「ツメコ」

 ネイルサロンでジェルネイルを施すと1時間半から2時間を要するが、「ネイルスタンド ツメコ」での所要時間は45分。シンプル、カジュアル、オフィス、クリエイターとデザイン数は定番からトレンドまで300以上、毎月16デザイン以上の新作が追加されている。アートをプリンターが描くため、熟練のネイリストでも難しいような、細かな凝ったデザインも可能で、仕上がりも均一化しているのが特長だ。現在はまだ実施していないが、写真をプリントするのも可能で、お気に入りの画像をジェルネイルに施すこともできる。

 2015年12月に新宿マルイにてテスト店舗を実施したところ、1週間で150名が来店、連日満席が続いて、平均1~2時間待ちの状態だったという。時間、仕上がり、価格に対しての満足度はすべて80%以上、年齢も20歳未満から40代以上まで幅広く、ネイル未経験者も34%と、安くて早くできるネイルには、潜在的なニーズがあることがわかった。

「現在、全国で美容院を中心に50店舗ほどすでに導入していただいているが、商業目的よりも販促的な目的で広がっている。アートの一番難しい部分をプリンターで行うため、ネイリストの資格がなくても研修を受けて練習すれば対応でき、専属ネイリストを新規採用する必要もなく、現状のスタッフで賄えるのは大きなメリットになっている。

 プリンター機器はレンタルなので、カラージェルをたくさん揃える必要がなく、デッドスペースがあれば全くの異業種でも設置できる。車のディーラーや本屋、カフェ、映画館、イベント会場などでの利用も視野に入れている。浅草あたりで外国人観光客向けに漢字とか、和風デザインなど、1本だけでもできるサービスを作ったら受けるのではないか。2020年の東京オリンピックでも、会場の一画にツメコのネイルサロンコーナーを設けたら面白いのではないかと思う。

 ちなみに私もPRのためにやってもらったが、電車の中で近くいた女性が引いていましたよ(笑)。寿司屋でも手では食べられないなあ」(千趣会 事業企画部 早坂 優司さん)

 一番時間がかかり、高度な技術を必要とするアート工程を自動化することで、施術時間が均一となりリーズナブルな価格が実現。価格はジェルネイルが全デザイン3500円(税別・以下同)。オプションとしてストーン、スタッズは両手4本まで1000円、付け替えのオフは1500円、オフのみは3000円、約10回分のオフキットは1250円。初めてのジェルネイルが3000円、付け替えが5000円で済むため、ジェルユーザーや、ジェル初心者でも気軽に利用できて、価格もお手頃なので普段やらないネイルにも挑戦できそうだ。

 専用サイト、電話、店舗で予約を受け付ける。プリンターは3台設置されているので、空きがあればその場で施術が可能(予約優先)。デザインが300以上と豊富なので、サイトで事前に候補をピックアップしておくのがおすすめ。

【AJの体験&読み】あっという間に印刷されていくネイルにテンションが上がりっぱなし

 百聞は一見に如かず。ツメコのジェルネイルを体験させてもらうことにした。担当していただいたのは店長の大瀧さん。

施術前に一般的なジェルネイルと、ツメコのジェルネイルの違いを説明される。ツメコの場合、爪の両サイドの際が少し薄くなり、持ちは一般的なジェルネイルより短い2週間ほど。

 最初に、ファイル(やすり)で爪の形を整えたり、甘皮処理などの「プレパレーション」と呼ばれる下処理を行う。ケアが終わったらベースを施す。ここまでの工程で35分ほど。爪の周りをテープでマスキングしてプリンターに指をのせる。親指だけは向きが違うので、片方の4本と反対の手の親指の5本をプリンターにセットする。選んだデザインが正確に爪の上にのるようにモニターで調整してからスタート。

「あっという間に終わりますよ」と大瀧さんに言われていたが、指5本分の印刷時間は20秒。反対側は4本を印刷してから、親指だけ別に印刷したが、指1本だと5秒ほどでプリントされる。動きを見るとプリンターそのものだ。あまりの速さに見ているだけでテンションが上がる。プリントが終わったらトップの処理を行い45分で完成。

 今回選んだのは、イラストレーターの天野未来さんのもの(デザインID 91170)で、花や小鳥、レースなどをちりばめた絵画のようなデザイン。ここまで細かい絵柄は手描きでは難しいだろう。シンプルなタイプのワンカラーもあるが、手描きでは困難なデザインの方がお得感があると思う。

 普段はセルフかクイックネイルが多いが、クイックだと単色が多いので、ここまで凝ったデザインが45分でできるのは画期的。施術から1週間が経ったが色はほとんど落ちていない。価格も魅力的で、期間限定ではなく固定の店舗を開店させてほしい。

 千趣会では美容院、ネイルサロンを中心に展開していくそうだが、早坂さんが話していたように、異業種にも積極的にセールスしていきたいとのこと。近い将来、インバウンド向けに家電量販店の一画で漢字や和風デザインのネイル、映画館でその日に上映されている作品をデザインしたネイル、コンサート会場で出演アーティストに関連したネイル、東京五輪会場で五輪マークや国旗のデザインネイルなど、指1本から気軽に楽しめるネイルスタンドが登場するかもしれない。

 ジェルネイルは落とすのに非常に手間がかかるが、千趣会では簡単に落とせるジェルネイルも開発中とのことで、仕事上、ネイルができない人がオフの時に楽しんだり、ジェルは敷居が高いと思っていた人でも簡単に挑戦できるようになる。今後の展開に期待したい。

文/阿部 純子

@DIME編集部

最終更新:6/17(土) 12:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント