ここから本文です

ミランSD、ドンナルンマへの提示条件を暴露! 高額オファーも「これで断られた時は動揺した」

6/17(土) 20:32配信

Football ZONE web

5年契約、手取り総額31億円でオファー ドンナルンマと代理人は首を縦に振らず

 ACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマは、クラブからの契約延長オファーを拒否したことで物議を醸しているが、ミランのスポーツ・ディレクター(SD)のマッシミリアーノ・ミラベリ氏が提示した契約条件を暴露している。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じた。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

「我々はサポーターたちにクラブのシンボルを作りたかった。彼の手には全てがあった。ミランのキャプテンになる道もあっただろう。率直に言えば、彼に提示したのは5年契約で手取り総額2500万ユーロ(約31億円)だ。これは、クラブの負担総額が5000万ユーロ(約62億円)ほどになることを意味する。一人の人間として言うならば、これで断られた時には動揺してしまったよ」

 ミランの提示額は年俸換算で500万ユーロと、6億円を超えるオファーであったことを明かした。将来が嘱望される18歳新鋭に対するオファー額として、決して安い金額ではないが、ドンナルンマと代理人のミノ・ライオラ氏にとっては不十分だったのだろうか。結局、ドンナルンマはミランとの契約延長に対して首を縦に振らなかった。

 ドンナルンマは残り1年間の契約となり、ミランが他クラブから移籍金を得るには今夏の移籍市場で放出するのが定石だ。しかし、ミラベリSDは改めてドンナルンマが非売品であることを強調している。

高額年俸オファー判明、一層強い批判も

「ドンナルンマが我々にとって貴重な存在であるのは間違いない。今の時点で、他クラブからのオファーを受け入れる考えはない」

 ミランはドンナルンマを売却せずに契約満了まで手元に残す覚悟を示している。すでに「契約延長か、1年間のスタンド観戦か」という最後通告をしたとされた後のオファー固辞であるため、その通りに出場機会を全く与えられない可能性も十分にある。

 クラブが高額年俸のオファーをしていたことが明らかになった後だけに、ドンナルンマにはサポーターからの一層強い批判が浴びせられることになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/17(土) 20:32
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新