ここから本文です

【J1展望】FC東京‐横浜|「堅守×堅守」。両センターフォワードの決定力が大きな鍵に

6/17(土) 13:00配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京──少ないチャンスをいかにモノにできるか。

J1リーグ15節
FC東京-横浜F・マリノス
6月18日(日)/18:00/味の素スタジアム
 
FC東京
J1(14節終了時):4位 勝点24 7勝3分4敗 21得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●前節はアウェーで清水に2-0の勝利。
●阿部が5月31日の清水戦で右前距腓靭帯損傷(全治3~4週間)。
●7月17~21日にドイツ遠征を実施。
 
【担当記者の視点】
 同じ“堅守”を売りとする横浜との一戦は1点勝負になる傾向が強い。ということは、少ないチャンスをいかにモノにできるかが勝負の分かれ目になる。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

 期待したいのはやはり大久保だろう。前節の清水戦で2ゴールを奪い、モチベーションは高まっているはず。このエースがきっちりと仕事をすれば、チームも勢いに乗れる。

 中断明け後の試合だけに、ここで躓きたくない。

横浜――助っ人アタッカーを中心に今季初の3連勝を目指す。

J1リーグ15節
FC東京-横浜F・マリノス
6月18日(日)/18:00/味の素スタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(14節終了時):7位 勝点23 7勝2分5敗 17得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●デゲネクとバブンスキーが代表招集のため不在、松原は累積警告で出場停止と、今節は主力を欠いて臨むことに。
●最終ラインはCBに栗原、左SBに山中が入る。両選手とも今季リーグ戦初先発だ。
●中盤から前の構成は前節と変わらず。引き続き齋藤が右サイド、マルティノスが左サイドを務める。
 
【担当記者の視点】
 これまで右サイドを主戦場としていたマルティノスを、左に回す戦略がハマっている。新機軸を打ち出した13節・清水戦、続く川崎戦でもチームは勝利。両試合で“左のマルティノス”は計3アシストの活躍を見せた。
 
 CFのH・ヴィエイラも好調だ。前線の基準点としては物足りないが、ゴール前では高い決定力を披露し、決定的な仕事をこなしている。
 
 デゲネク不在は懸念材料のひとつだが、ハイパフォーマンスを見せている助っ人アタッカーを中心に、今季初の3連勝を目指す。

最終更新:6/17(土) 13:00
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ