ここから本文です

【J1展望】新潟×大宮|降格圏同士の直接対決! 両監督の思惑は?

6/17(土) 16:27配信

SOCCER DIGEST Web

新潟――中断期間中はミニキャンプと称して2部練習などを実施。

J1リーグ第15節
アルビレックス新潟 – 大宮アルディージャ
6月17日(土)/19:00/デンカS
 
アルビレックス新潟
今季成績(14節終了時):18位 勝点8 2勝2分10敗 10得点・31失点
 
【最新チーム事情】
●右太ももを傷めていた矢野がリーグ戦5試合ぶりに出場へ。
●右サイドが新たな組み合わせに。
●集中を維持するためにもオーガナイズを徹底。
 
【担当記者の視点】
10節の川崎戦で右太ももを傷めた矢野が、2週間の中断期間中に全体練習に合流。11日の新潟医療福祉大との練習試合では、右サイドハーフとしてプレーした。右サイドバックには原が入り、新たな組み合わせでの活性化が図られている。
 
 中断期間中はミニキャンプと称して2部練習などが行なわれ、フィジカル、戦術両面の改善が図られた。連敗中のリーグ戦ではここ2試合、立て続けに失点するもろさを見せているが、呂比須監督はフィジカルコンディションを高め、オーガナイズを徹底することで90分戦い抜く考えだ。

【PHOTO】美女揃い!Jクラブ応援番組のMC&レポーターたち♥

大宮――攻撃的な姿勢を貫いて勝利を掴む。

J1リーグ第15節
アルビレックス新潟 – 大宮アルディージャ
6月17日(土)/19:00/デンカS
 
大宮アルディージャ
今季成績(14節終了時):17位 勝点8 2勝2分10敗 8得点・27失点
 
【最新チーム事情】
●菊地とD・ムルジャが全体練習に合流。
●代表ウィークでは継続して攻撃の向上を図った。
●試合前日、前々日の非公開練習を今週からスタート。
 
【担当記者の視点】
 ルヴァンカップ7節・磐田戦は逆転勝利(2-1)、J1リーグ14節・鳥栖戦では追い付いてのドロー(1-1)。伊藤彰新監督は攻撃的な姿勢を貫きながら、まずまずのスタートを切った。
 
「勝つためには得点を取ることが第一」という共通理解の下、2週間の代表ウィークもアタック面の連動性や精度の向上に注力。残留争いのライバルである新潟との直接となる今節は、どこまで“矛”を磨けたかが勝敗の鍵を握りそうだ。
 
 相手が得意とするカウンターは、切り替えのスピードと前線からのプレスで封殺する構えを見せている。攻守にアグレッシブな姿勢を崩さず、絶対に負けられない戦いを制したい。

最終更新:6/17(土) 16:28
SOCCER DIGEST Web