ここから本文です

渦中のドンナルンマも電撃参戦! イタリアU-21代表が「豪華すぎるガチ陣容」で欧州の頂点を目指す!

6/17(土) 17:44配信

SOCCER DIGEST Web

A代表歴を持つ選手を含めて注目株が目白押し。

 現地時間6月16日に開幕したU-21欧州選手権。予選を勝ち抜いた11か国と開催国ポーランドを加えた計12か国のヤングタレント(参加資格は1994年1月1日以降生まれで実質U-23)が、ヨーロッパの頂点を目指してしのぎを削る。
 
 その中で、マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー)やサウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)、イニャキ・ウィリアムス(アスレティック・ビルバオ)、エクトル・ベジェリン(スペイン/アーセナル)、ジェラール・デウロフェウ(ミラン)らを擁するスペイン以上に「豪華すぎる」として話題になっているのが、イタリアだ。
 
 登録メンバー23名は以下の通り。
 
[GK]
1 ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)
17 アレッシオ・クラーニョ(ベネベント)
19 シモーネ・スクフェット(ウディネーゼ)
 
[DF]
2 ダビデ・カラブリア(ミラン)
3 アントニオ・バレッカ(トリノ)
4 ダニエレ・ルガーニ(ユベントス)
12 アンドレア・コンティ(アタランタ)
13 マッティア・カルダーラ(アタランタ)
14 ダビデ・ビラスキ(ジェノア)
22 アレックス・フェッラーリ(ヴェローナ)
23 ジュゼッペ・ペッツェッラ(パレルモ)
 
[MF]
5 ダニーロ・カタルディ(ジェノア)
6 ロレンツォ・ペッレグリーニ(サッスオーロ)
8 アルベルト・グラッシ(アタランタ)
15 マルコ・ベナッシ(トリノ)
18 ロベルト・ガリアルディーニ(インテル)
21 マヌエル・ロカテッリ(ミラン)
 
[FW]
7 ドメニコ・ベラルディ(サッスオーロ)
9 アルベルト・チェッリ(ペスカーラ)
10 フェデリコ・ベルナルデスキ(フィオレンティーナ)
11 アンドレア・ペターニャ(アタランタ)
16 ルーカ・ガッリターノ(チェゼーナ)
20 フェデリコ・キエーザ(フィオレンティーナ)
 
 すでにA代表デビューしているドンナルンマ、ルガーニ、ガリアルディーニ、ベルナルデスキ、ペターニャをはじめ、14年1月の本田圭佑のセリエAデビュー戦でミランから4ゴールを叩き込んだことで知られるベラルディ、2018年夏のユベントス移籍が決まっているカルダーラ、ミラン移籍が噂されているコンティ、5月のU-20ワールドカップ出場を回避して今大会に回ったロカテッリやキエーザなど注目株が目白押しで、まさに“ガチ”のベストメンバーが揃ったと言っていい。
 
 とくに18歳のスーパーGKとして名高いドンナルンマは、すでにA代表でジャンルイジ・ブッフォンの後継者としての地位を確立しただけに、招集は小さくないサプライズ。高校卒業試験を調整し、自ら参戦を希望したという。6月15日にミランの契約延長オファーを拒否し、去就騒動の渦中にあるが、実力は間違いない。
 
 監督は98年ワールドカップやEURO2000にも出場した元イタリア代表MFのルイジ・ディ・ビアージョ。その指揮官は「過去20年で最強のアッズリーニ(イタリアU-21代表の愛称)だ」と胸を張り、ダニエレ・デ・ロッシやアルベルト・ジラルディーノらを擁した2004年大会以来の優勝にも自信を見せる。
 
 グループステージはC組に入り、19日にデンマーク、22日にチェコ、25日にドイツと戦うイタリア。要注目だ!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

最終更新:6/17(土) 17:44
SOCCER DIGEST Web