ここから本文です

宮脇咲良、「マガジン」初ソロ表紙&巻頭グラビア! “オトナな表情”にファン大興奮

6/17(土) 15:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 2017年6月14日(水)に発売された『週刊少年マガジン』28号の巻頭グラビアに、HKT48/AKB48の宮脇咲良が登場。大人びた表情を見せる宮脇に読者から「咲良ちゃんすごくセクシー!」「19歳でこの表情はヤバい」と大反響が巻き起こっている。

 宮脇は2011年にHKT48の1期生オーディションに合格してデビュー、現在はAKB48を兼任しHKT48チームKⅣの副キャプテンを務めている。宮脇の同誌グラビアへの単独表紙・巻頭は初めてのことで、「さくらたん初ソロおめでとう!」「さくら推しとしては今週のマガジンを“買う”という選択肢以外なかった」とファンも大喜び。

 今回のグラビアで宮脇はボディーラインのはっきりしたタイトな赤色のワンピース姿を披露。肩紐の1本を腕までおろしてこちらを振り返り、大人びた表情を見せている。白一色の半袖Tシャツにショートパンツの組み合わせでは、口元に人差し指を当てた悩み顔や、眼鏡スタイルで舌を僅かに出してはにかんだりと、さまざまに表情を変化。19歳とは思えない“オトナ”な宮脇に「こんな大人びた咲良ちゃん初めて見たよ!!」「ついこの前まで少女らしいあどけない笑顔見せてたのに!」「宮脇咲良がセクシーという武器を手に入れた」と絶賛する声があふれた。

 6月17日(土)に開票が迫った「AKB48 49thシングル 選抜総選挙」にもエントリーしている宮脇は、前回の第8回総選挙では自身最高位となる6位を獲得してシングル選抜メンバー入り。グラビア内のインタビューでも「さっしーとワンツーフィニッシュで終わりたいです!」「去年より『グループのために頑張ろう』って思うようになりました」と目標を掲げている。

 読者に向けては「今までに見たことのない私が見れたのでは? と思っています。いかがでしたでしょうか? これからも応援をよろしくお願いします!」とアピール。「オレ、今回のグラビアでさくらちゃんに推し変しようと思う」「一生応援します!」とファンを魅了した。

 果たして宮脇が掲げる目標どおり、総選挙で指原莉乃とのHKT48によるワンツーフィニッシュとなるのか、結果を見守りたい。