ここから本文です

ムラムラではなくイライラが原因!? 女性が知らない痴漢と性欲の関係

6/17(土) 20:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 ワタクシ事ですが、先日、痴漢被害に遭いました。ラッシュ時に電車の乗る生活から離れてもう何年も経つので、被害に遭うのはひさしぶりです。休日に私鉄のI線で移動中、最初にその男性の手が触れたときは「偶然かな?」と思いました。同じ状況下では、多くの女性が一度はそう思うよう心がけているのではないでしょうか。痴漢問題を語れば、「痴漢冤罪!」とボレーで返される昨今、「これは痴漢だ」と判断を下すにも慎重になります。いままさに被害に遭いながら、当事者が気を遣う理不尽。しばらく不快に耐えた後、「痴漢行為である」と確信した私はその男性の顔を正面から見据え、「痴漢ですよね? これ以上続けるなら、駅の事務室に一緒に行ってもらいます」と伝えました。男性は途端に背を向け、知らん顔をしました。

 すでに痴漢行為が行われているので、本来なら「これ以上続けるなら」と条件付きにせずそのまま通報すべきです。しかし私はそのとき目的地に急いでいたため時間がありませんでした。痴漢に遭っても泣き寝入りする被害者が多いことはよく知られていますが、通報したことで時間をとられたり、煩雑な手続きでストレスを感じたり、被害者が犠牲を強いられることがなければ、通報件数が多少は伸びるかもしれません。

■モンスター化する男性の性欲

 痴漢は、日本で特に多い性犯罪といわれています。警察庁の発表によると、2011年に全国で「電車内における強制わいせつ」として認知されたのは、298件。「電車内における迷惑防止条例違反(うち痴漢行為)」の検挙件数は、3,679件。これが氷山の一角であることはいうまでもなく、別の調査では調査対象の女性2,221人中304人が「過去1年間に電車内で痴漢被害に遭った」と回答し、そのうち約9割にも当たる271人が「痴漢被害に遭っても警察に通報・相談していない」ことが明らかになっています。私も、長らくそのひとりでした。これまでに何度も泣き寝入りしてきました。それがなぜ今回は、痴漢に対してNOの意思表示をできたのか。それは、「痴漢は男性の性欲によっておきる行為ではない」と知ったからです。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)