ここから本文です

TBS系『世界ふしぎ発見!』発、驚愕の雑学知識!「南米マチュピチュ」に村をつくった日本人がいた!

6/17(土) 18:00配信

ダ・ヴィンチニュース

 TBSテレビで1986年に放送が始まった『世界ふしぎ発見!』は、ミステリーハンターが世界の街や遺跡、秘境などをめぐり、そこに隠されたさまざまな謎に迫る教養クイズバラエティ。

 これまでに番組が紹介した国と地域は170を超えるが、放送開始30周年を期に刊行された『世界ふしぎ発見! 大人の謎解き雑学』(KADOKAWA)は、番組が近年放送した内容の中から際立った題材のみを厳選し最新情報も加えながら解説している、番組ファン・雑学ファン必読の一冊だ。

 今回は、“空中都市”などと称され、日本人にも人気の高い世界遺産「マチュピチュ」にまつわるとっておきのエピソードを紹介しよう。

“彼”はいったい誰なのか?

 ペルー南部クスコの北西、標高2400mの尾根上に築かれ、「空中都市」や「天空都市」とも呼ばれるマチュピチュ遺跡。15~16世紀に建設されたインカ帝国の離宮跡といわれ、200以上の建物から構成される世界遺産である。

「約100年前、マチュピチュに村をつくったのは日本人だった」――2014年11月、この驚くべき事実が世に報じられた。日本人がいったいなぜ、地球の裏側にあるペルー、それもマチュピチュに村をつくったのか……。

 その日本人とは、福島県大玉村出身の野内与吉。1895年に大玉村の農家に生まれた与吉は、海外での成功を望み、1917年、21歳のとき契約移民としてペルーに渡った。明治から大正に時代が移り、多くの日本人が海外での成功を夢見た時代である。

 現地の農園での仕事を1年で辞めた与吉は、アメリカやブラジル、ボリビアなどを放浪し、ペルーに戻った。材木商として技術と知識を身につけた彼は、マチュピチュ周辺のジャングルに目をつける。当時そこには高級な原木が生い茂っていたのだ。

 与吉が現地に着いたのは1923年のこと。鉄道が通り、マチュピチュへの道がようやく開けた頃であった。彼は小さな集落だったマチュピチュ村に定住。手先が器用だった与吉は川から水を引いて畑をつくった。また、村人と木を切りにいった際に温泉を偶然発見すると、それを石で囲ってみんなが入浴できるようにしたという。そのとき与吉が見つけた温泉は、今では村の欠かせない観光名所になっている。

1/2ページ