ここから本文です

グランツーリスモ SPORTは今年秋発売予定!専用コントローラーも公開【E3 2017】

6/17(土) 16:33配信

clicccar

アメリカ・ロサンゼルスで開催されている世界最大のゲーム見本市「E3」にて、ポリフォニー・デジタル社が開発中のPlayStation 4/4 Pro用のドライビングシミュレーターソフト「グランツーリスモ SPORT」の新トレーラー映像を公開しました。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



このトレイラーは、今作のテーマ曲を紹介するにあたって製作された映像になります。



夜明け前で霧がかかっているニュルブルクリンク、レースへの準備が着々と進む、首都高速をモチーフした新コース「東京エクスプレスウェイ」。その中をゆっくり走るグランツーリスモカラーリングのAMG GT Sのセーフティーカーからスタートし、もうすぐレースが始まるようなアップテンポなメロディでGT SPORTで走る美しいクルマとコースが織りなす様々なレースを紹介しています。



GT SPORTのディテールは、

・ローンチでは177車種が収録。DLCも用意される(ビジョングランツーリスモシリーズなど)
・コースは19のロケーションに27トラック
・鈴鹿サーキット、オーストラリア・バサースト、ブラジル·インテルラゴス・サーキットも登場
・一つの画面で同時対戦が可能
・オンラインは20人もしくは最大32人をサポート予定
・e-SportsとしてFIA(自動車連盟)とコラボで実現した「FIAオンライン選手権」
・FIAオンライン選手権は、国対抗の「ナショナルカップ」とカーメーカー対抗「メーカーファンカップ」の2カテゴリーが開催
・自分のクルマに好きなカラーリング、バイナル、スポンサーロゴを装着可能なエディタ
・ポリフォニー・デジタルの映像技術の粋を集結した、世界中の名所にクルマを置いて撮影できる「SCAPES」に「首都圏外郭放水路」が登場

となっています。発売日については今年秋とのことで、具体的な日付については近日中に発表されます。

今回公開されたトレイラーで流されたテーマは、今までのOPテーマである「Moon Over The Castle」ではなかったので、一部では残念がる声も聞こえましたが、それでもやはりレースファン、ゲームファンにとってグランツーリスモに期待する声は多いです。

同時に公開された新たなスクリーンショットでは、VWビートルをベースにしたGT3レーシングカー、新型NSXのGT SPORTオリジナルレーシングカー、イタリアのオフロードを走るプジョーのオリジナルのオフロードマシンが確認できます。

グランツーリスモSPORTの発表と同時にゲーム用のステアリングコントローラーを開発しているGuillemot社のThrustmasterブランドより、新設計のハイエンドステアリングコントローラー「Thrustmaster T-GT」が発表されました。



ハンドル中央周辺にある4つのつまみは、「ブレーキバランス」、「ABSの制御」、「駆動トルク配分の割合」、「燃料の濃さの調整」を可能にします。またグランツーリスモSPORTで遊んでいる時のみに機能するフォースフィードバックシステムが実装されていたり、よりリアルな感触をドライバーに伝えることが可能になっています。

価格は799.99ドルとかなり高価ですが、グランツーリスモSPORTだけではなく、ほかのレーシングゲームでも今まで以上のドライビングが体験できると謳っています。発売時期については「グランツーリスモSPORTと同時期」とのこと。

今回E3では「今年秋発売予定」とアナウンスしており「近日中に、より具体的な時期を発表する」としています。

ゲーマーだけではなく、自動車メーカーも注目しているタイトルだけに早い発売が待たれますね!

(クリハラジュン)

最終更新:6/17(土) 16:33
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)