ここから本文です

東海道新幹線「ぷらっとこだま」活用なら運賃が4分の3に

6/18(日) 12:30配信

マネーポストWEB

 東京、名古屋、大阪の3大都市を結ぶ交通手段でもっともメジャーなのが東海道新幹線。忙しい毎日を送る人にとっては「スピードが命」だろうが、ちょっとスピードを緩めるだけで、料金がグッと安くなる。東海道新幹線に少しでも安く乗る方法が、JR東海ツアーズが発売している「ぷらっとこだま」だ。

「ぷらっとこだま」は、そのネーミングからもお分かりのように、新幹線こだま号専用の乗車券だ。東海道新幹線には最速列車の「のぞみ」、かつての最速列車の「ひかり」、「こだま」の3種類の列車があり、「こだま」はすべての駅に止まる“新幹線の鈍行列車”。その「こだま」で移動することで、移動費用を節約できる。

 どれだけ安くなるのか? 東京~名古屋では1万880円→8300円(差額2580円)、東京~京都では1万3600円→1万300円(同3300円)、東京~新大阪では1万4140円→1万0500円(同3640円)といった具合(いずれも通常期の場合)。およそ4分の3になる計算だ。しかもこの「ぷらっとこだま」には、「1ドリンク引換券」も付く。缶ビールへの引き換えも可能だ。

 注意すべきは、移動に要する時間だ。「のぞみ」なら、東京~名古屋間は約1時間40分、東京~京都間は約2時間20分、東京~新大阪間は約2時間30分だが、「こだま」だと名古屋まで約2時間50分、京都まで約3時間40分、新大阪まで約4時間かかってしまう。また、前日までに購入しなくてはならず、利用できる列車や区間にも制限があるので注意が必要だ。

 その代わりと言っては何だが、「ぷらっとこだま」はプラス1000円で、グリーン車に乗ることもできる。「少しでも費用を浮かせたい」「車内で書類をまとめたい」「ゆっくり寝て行きたい」「そんなに急いでいない」という人は、検討してみてはいかが?

最終更新:8/18(金) 18:03
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

マネーポスト

株式会社 小学館

2017年夏号
6月1日発売

定価620円

最新号の総力特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。「年内株価3倍期待の高成長株10」他、上がる株を一挙大公開。