ここから本文です

「意識低い彫り師」が未成年まで食い物に 健康トラブルも

6/18(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 アメリカテキサス州の男性が、タトゥーを入れた5日後に海水浴へ出かけて細菌に感染、その3日後に敗血症を起こして死亡した症例報告が6月上旬に報道され、話題を集めている。この死亡事例は、今後、日本でも同じように起きる可能性がある。ライターの森鷹久氏が、日本の刺青やタトゥーの現状をレポートする。

 * * *
 電車には脱毛サロンやエステの中吊り広告が増え始め、肌の露出が増える季節の到来を感じさせる。美容業界にとってはまさに”書き入れ時”なのだろうが、同様に「見せたい客」をこの時期に一気に取り込もうとする人々がいる。神奈川県横浜市のマンションの一室を尋ねると──。

「4月あたりから、客は一気に増えます。夏休み直前がピークで、秋になると日がな一日ボーっとして、イラストを描いてるだけの日もある。この商売、季節に左右されるんです」

 取材に答えてくれたのは、タトゥーアーティストのMさん(38)。ヤクザ映画の登場人物に施されているような鮮やかな「和彫り」から、ドクロや薔薇といったデザインが用いられる海外風の「洋彫り」まで、10代の終わりに師匠に弟子入りしてから「彫り物」経験歴は20年になる。その間、刺青やタトゥーを取り巻く環境の変化を肌で感じてきたMさん。世間からの偏見が「確かにある」と認める一方で、そう見られても仕方ないような業界の側面についても吐露する。

「数年前、髪を短く刈り込み、日焼け肌にブランド物のぴっちりしたTシャツとパンツでキメるスタイルが流行しましたよね? あれは”金融系”とか”オラオラ系”と呼ばれる不良好みのファッションだったんですが、彼らはアルマーニやプラダを愛用するのに、和彫りが大好き。二十歳そこそこの幼顔の若者たちが押し寄せてきて、胸から腕に彫ってくれ、七分(肘下)や九分(手首)まで入れてくれと……。うちでは、事前に面談をして施術するかを決めていましたので半分以上断ったのです。しかし……」

1/3ページ