ここから本文です

結婚にまつわる”父と娘”の5つのドラマ

6/18(日) 17:10配信

25ansウエディング

本日6月18日は「父の日」。セレブといえども親と子。知られざるセレブの”父と娘”の結婚秘話をリサーチしてみました。愛あり、涙あり、憎しみあり…。セレブ親子のカタチをご紹介します。

【写真】ビヨンセ、イヴァンカ・トランプ、グレース・ケリーの父娘ストーリー

娘大好き!子煩悩すぎるパパ、ライオネル・リッチー

年頃になっても娘から毛嫌いされず仲良しこよしを維持できているパパセレブの代表格といえば、ライオネル・リッチー。娘はお騒がせセレブとして名を馳せ、今はオシャレママセレブとして人気のニコール・リッチーです。

ご存知だとは思いますが、ニコールはライオネルの実の娘ではありません。ニコールが4歳の時に養子に迎えた子なのです。最初はライオネルの友人でもあったニコールの母を一時的にサポートするためにニコールを預かっていたそうなのですが、一緒に過ごすうちに父としての愛情が芽生え正式に父と娘の親子関係に。それからというもの、ライオネルのニコールラブは止まるところ知らず。いつだって、どんな時だってニコールの味方でいることを宣言します。

彼女が薬物使用で逮捕された時でさえ、「パパがずっと一緒にいて支えてあげるからね」と予定されていたツアーをキャンセルしてまで娘の更生にお付き合い! おいおい、溺愛してるにしてもそれはちょっとやりすぎなんじゃないの? ちなみにこの時ニコールは21歳。すでに成人していて立派な大人です(苦笑)。そんなニコールにはやたら”あま~い!”ライオネル。彼女の結婚式でもとんでもない要求に答えてしまうんです(お金の力で)。

結婚式に象が登場!? 娘のわがままにお金で答えた超ド派手結婚式

幼い頃から娘を可愛がり、甘やかし続けた結果、とんでもないわがまま娘・ニコールが完成したわけですが、生涯のパートナージョエル・マッデンに出会い驚くほどいい子に(まともに)更生しました(本当良かった~)。

そんなニコールが結婚したのは今から7年前の2010年。更生はしたものの、わがままっぷりは健在のようで…。娘のとんでもない要求にライオネルは喜んで答えてしまうのです。それはニコールが幼い頃から言っていた「結婚式に象を呼びたい」というもの。何で象?という疑問はさておいて、動物園で式挙げる以外に方法はないんじゃないかと思われますが、さすがは大物セレブ。本当に呼んじゃいました。(呼べるんだ!)

ビバリーヒルズのライオネル所有の邸宅で行われた結婚式の総額はおよそ2億円と言われていますが、まさかライオネル全額払ってないよね~!? いくらお金持ちとは言っても2億円はやりすぎよ!!

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

25ansウエディング

ハースト婦人画報社

ドレス2017秋冬
2017年7月7日発売

1500円+税

『25ansウエディング』は、人生最大のイベントである結婚を真剣に捉えるふたりのために
「真のラグジュアリー・ウエディング」を提案します。年間6種類。