ここから本文です

「いい」「よくない」の間を行きつ戻りつ‥…忘れられない「先発・増井」の安定感【えのきどいちろうのファイターズチャンネル#53】

6/18(日) 10:00配信

ベースボールチャンネル

 交流戦もいよいよ終盤だが、ファイターズはなかなか思い通りの野球を展開できていない。今季自身の希望で、再び抑えに戻った増井浩俊も投球内容にムラがある。

独立リーグ唯一の女性投手「ナックル姫」。25歳の素顔

投手陣がへばってる交流戦終盤

 敵地ナゴヤドームの交流戦シリーズは何かよくわかんない3連戦だった。まぁ、乱打戦という表現でいいだろうか。何しろ第1戦は初回、レアードの16号3ランで3点先制したはずのファイターズが敗れ、第2戦は初回、斎藤佑樹をめった打ちにして4点先制したはずの中日が負けている。なかなかないことじゃないか。よーいドン!で3点4点入ったらフツーは試合が決まる。教訓から学ぶタイプの筆者は第3戦を前に「この名古屋シリーズ、先制した方が必ず負ける」と断じていた。

 そして、もちろん第3戦は5回表、ファイターズが2点先制した時点で「あー、さっきのナシナシ!」と前言撤回したのだった。いい味出してる3連戦だったなぁ。スコアは「5-7」「7-5」「5-4」だ。お互いぜんぜん思った通りいってない。6連戦が続いて投手陣がへばってる交流戦終盤という感じだ。

 本題に入る前に中日ネタを少し。ビシエド、ゲレーロ、大島洋平、平田良介と怖いバッター目白押しのドラゴンス打線だったが、僕は京田陽太が断然気に入った。噂に違わぬ好選手だ。パは西武の源田壮亮の呼び声が高いが、ぜひセの新人王を狙ってほしい。応援歌の「♪京田京田、京田京田京田!(リンダリンダ)」もすごい良かった。惜しむらくは出囃子のオースティン・マホーンだ。ハムファンとしては貴重な「35億!」を聴く機会だったが、大人の事情なのか、変なところで切られて「35億!」が言えない状態になっていた。ワタナベ・エンターテイメントなのかユニバーサル・ミュージックなのか中日球団なのかわからないが、お願いしますよ。次の交流戦で名古屋に来るの2年後だ。残念だったなぁ。(その後の調べでは京田の「35億!」は第3戦の2打席あたりから復活したそうです。何だったのか)

1/2ページ