ここから本文です

レースクイーンも百花繚乱。スーパーGT全チーム紹介・GT300前編

6/18(日) 13:41配信

webスポルティーバ

スーパーGT参戦全チーム紹介・GT300前編

 年間8ラウンドで頂点を競う国内最高峰のレース「スーパーGT」は、レクサス(トヨタ)・ニッサン・ホンダの3社が巨額の資金を投入して戦う「GT500クラス」と、プライベーターがさまざまなマシンで参戦する「GT300クラス」が混在して同一レースを走る。なかでも各チームが独自にチューンしたマシンが競い合うGT300の存在は、さらにスーパーGTが盛り上がる魅力のひとつだ。そんな彩り豊かなGT300全30チームを前編・後編に分けて紹介する。

【写真】レースクイーン&マシンの全写真はこちら>>

【No.2】 Cars Tokai Dream28
[ドライバー] 高橋一穂/加藤寛規
[マシン] ロータス・エヴォーラMC

 ホンダカーズ東海が母体となっているプライベートチーム。ドライバーは今年64歳となる高橋一穂と、ル・マン24時間参戦など国内外のさまざまなカテゴリーで経験を持つ加藤寛規。2015年からロータス・エヴォーラMCを使用し、そのコーナリング性能のよさを生かして、鈴鹿やオートポリスなどテクニカルなコースでポールポジションを獲得するなど、一発の速さでは定評があるチームだ。

左から、蒼井彩加(SYNTIUM CoolTech Monsters)、愛川アヤノ(SYNTIUM CoolTech Monsters)、山本愛美(2017 ADVAN GAL)、愛聖りさ(2017 ADVAN GAL)


【No.3】 NDDP RACING
[ドライバー] 星野一樹/高星明誠
[マシン] ニッサンGT-R NISMO GT3

 GT300クラスに参戦する日産/ニスモ系チーム。主に若手ドライバーの育成を主眼に置いて参戦している。監督はル・マン24時間やデイトナ24時間をはじめ主要なレースで活躍した往年の名ドライバー長谷見昌弘が務め、今年は成長著しい高星明誠が参戦。ベテランの星野一樹がそのサポート役としてコンビを組んでいる。昨年も第2戦・富士で優勝を挙げる活躍を見せたNDDP RACING。今年もチャンピオン候補の一角として上位に食い込んでくることは間違いなさそうだ。

辻井美香(B-MAX NDDP Racing girl)

1/6ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
4月13日発売

定価 本体1,472円+税

フィギュア特集
『羽生結弦 平昌への道』
■ヘルシンキの激闘
■宇野昌磨、本田真凜ほか