ここから本文です

「Jリーグでは他に見当たらない」 広島の”相棒”が絶賛するアル・アイン塩谷の類稀なる武器とは?

6/18(日) 9:45配信

Football ZONE web

塩谷移籍決定後の初戦、広島は川崎に0-1で敗戦

 元日本代表DF塩谷司は15日、アル・アインへの加入が決定。サンフレッチェ広島にとって17日に行われたJ1第15節川崎フロンターレ戦が塩谷移籍決定後の初戦となったが、敵地で0-1と敗れることとなった。

 この日の最終ラインは試合を通して安定感を見せていた。しかし後半11分に一瞬の隙を突かれ、川崎MF阿部浩之に左足の強烈なミドルシュートを決められてしまう。結果的に決勝ゴールとなったこの失点は、皮肉にも塩谷不在の右サイドからだった。

 塩谷は昨年、リオデジャネイロ五輪にオーバーエイジ枠として選出され、全3試合で先発フル出場。広島でも2012年に加入以降、わずか1年で主力として確固たる地位を築き、所属した5年間で3度もリーグ優勝を経験した。

 広島で右ウイングバックを務めるMFミキッチは、3バックの右ストッパーである塩谷と最も近い距離感で共闘してきた”相棒”だ。だからこそ塩谷の非凡な才能を誰よりも間近で眺めてきた。アジア屈指の強豪であるアル・アインからのオファーにも納得の様子だった。

「塩谷はDFとしてフィジカル、球際の強さに長けているのに加え、前への攻撃のセンスがある。それはロングパスや、横に揺さぶるサイドチェンジ、プレッシャーをかけられても前へ運ぶことのできる推進力、そして自らネットに突き刺す得点力だ。攻撃面で言えば、彼ほどの能力を持っているDFは、Jリーグでは他に見当たらないね。移籍先のクラブも長年に渡って塩谷の素質を見極めたうえで獲得に踏み切ったんだろう」

 塩谷が昨季のJ1セカンドステージ第12節サガン鳥栖戦で決めた圧巻の無回転ロングシュートを見ても分かるように、DFとは思えぬストライカーさながらのシュートセンスを備え、プレスキックも得意としていることから、DFという枠にとどまらない攻守の主軸として広島を牽引し続けてきた。

【動画】塩谷が決めた鮮烈な無回転ロングシュート弾!

 一方で、日本代表からは初選出となった2014年以来から遠ざかっている。ミキッチは、塩谷が代表復帰を果たすために今後の鍵となるポイントを挙げた。

塩谷に足りないもの

「唯一足りないのは、国際経験じゃないかな。アル・アインに行けば、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)はもちろん、欧州クラブとの練習試合も増えていくだろうから、そこで海外の屈強な攻撃陣とバチバチやっていくことを積み重ねていけば、その経験は代表への道を切り開いてくれるはずさ」

 これまで塩谷はキャリアを通してJリーグというドメスティックな環境に身を置いてきた分、国内では攻守ともに類稀なる身体能力を発揮できたが、国外となると体格差のある攻撃陣を相手に戦う機会も増えることが予想される。これまでのようにその最大の武器が通じるかは不透明だが、厳しい環境で研鑽を積み続ければ、代表復帰の日も近そうだ。

城福達也●文 text by Tatsuya Jofuku

最終更新:6/18(日) 9:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新