ここから本文です

ブームの予感!?立体パズルが脳にいい理由

6/18(日) 12:10配信

@DIME

以前、「認知症の予防に数独が効果的」と話題になったが、脳トレとしても、純粋な娯楽としても面白いということで、これからは「立体パズル」がブームになるかもしれない。

【写真】ブームの予感!?立体パズルが脳にいい理由

「パズルの中でもとくに立体パズルが脳によい」と唱えているのが、東京大学の池谷裕二教授。池谷教授が、立体パズルならではの効果として挙げるのが、「メンタルローテーション」(心的回転)能力の向上。これは、もともと頭の中でイメージした物体を回転させる能力を指すが、スポーツの世界ではサッカーのパスやゴルフのラインを読むための基礎能力として知られる。池谷教授によると、小説や新聞の内容を様々な視点から立体的に考察する能力にも関係し、メンタルローテーションが巧みであれば、カラオケの歌唱力から外科手術の執刀スキルに至るまで、様々な技量に影響するのだという。

これまで日本では、立体パズルといっても、ルービックキューブ系統の定番商品や、子供向けの知育玩具が主で、使用対象層が限定されていた。しかし、今年の2月に『立体パズルと思考ゲーム パズルコレクション』(アシェット・コレクションズ・ジャパン)が創刊され、立体パズルの裾野が広がりつつある。

本誌は、隔週発行の、立体パズルとマガジンがセットになった冊子で、全国の書店で発売されている。毎号付いている木製の立体パズルは、年齢層を問わず楽しめるものとなっているが、日常的にメンタルローテーション能力を使う機会の少ない人には、難易度は高め。それだけに、挑戦しがいのあるものとなっている。

立体パズルで必要とされ、かつ養われる能力は、メンタルローテーションだけでなく、論理力、予測力、記憶力、手先の器用さなど、パズルの種類によって異なる。例えば「ボールリングパズル」(第3号付録)は、左右の楕円リングの中にある32個のボールを、中央にあるスライドを使いながら左右に動かして、最終的に各リング内のボールを同色に揃えるというもの。

ただボールを適当に動かしているだけでは、永遠に解けない。そこで、スライドにどのボールを移動させ、反対側に動かしたときにボールがどこへ行くかを考える必要が出てくる。ここで使われる能力は、現状を把握する「観察力」、筋道を立ててボールを移動させる「論理力」、ボールを移動させたときの位置関係を推し量る「予測力」であり、パズルに取り組んでいるうちに養われる能力でもある。

「黄金比ピラミッド」(第7号付録)は、15個の四角錐と五面体を立体的に組み合わせて、ピラミッドを作るというパズル。「このピースの上にこちらのピースを乗せると、こういう形になる」といった、立体物の位置関係をイメージする「空間視覚化能力」の向上に役立つ。

「ハノイの塔」(第11号付録)は、中央に積まれた大小の円盤を、右の棒に移し替えるというもの。1回に1枚の円盤しか動かせず、小さな円盤の上に大きな円盤を乗せてはいけない、というルールがある。簡単そうに見えるが、完成までの円盤の最小移動回数は127回。あれこれ試行錯誤することを考えると、相当大変なパズルであることが分かる。この立体パズルでは、先々を考えながら、できるだけ手間をかけずに達成するための「戦略的能力」が、育成されるという。

本誌では、付録の立体パズルのほかに、パズルとゲームにまつわる歴史といった読み物や、「マッチ棒パズル」、「魔法陣」といった平面パズルも収載されている。パズル好きはもちろん、悩み楽しみながら(?)脳トレにチャレンジしたい人にもおすすめである。

協力/アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社

文/鈴木拓也

@DIME編集部

最終更新:6/18(日) 12:10
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた