ここから本文です

C・ロナウド、生涯の恩師に退団の決意を6週間前告白 後押し受けユナイテッド電撃復帰も

6/18(日) 13:01配信

Football ZONE web

ファーガソンにはシーズン中から移籍の決意明かしていたと英紙

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは地元マドリード検察から1470万ユーロ(約18億円)の脱税容疑で起訴されたことに端を発し、レアルからの即時移籍を決断した一方、ポルトガル代表の同僚に「移籍を決断した。撤回はしない」と断言したと報じられている。去就報道が過熱を帯びるなか、ロナウドは6週間前の時点で生涯の恩師にレアル退団の決意を告白していたという。英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 ロナウドの移籍問題はサッカー界最大の話題となっている。レアル寄りの論調で知られる「マルカ」紙ですら、ポルトガル代表の一員としてコンフェデレーションズカップの準備を進めるロナウドが同僚に告白した決意の言葉を伝えている。

「僕はレアル・マドリードから移籍する」「もう決心したんだ」「撤回はしない」

 不退転の決意を固めたと報じられているロナウドだが、恩師にはシーズン中から移籍の決意を明かしていたという。

「クリスティアーノ・ロナウドは、サー・アレックス・ファーガソンにはレアル・マドリードから移籍したいと6週間前に伝えていた」

 記事ではこう明かしている。脱税事件は表沙汰になる以前からレアルからの移籍願望を伝えていたという。理由はリーグとUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たしたチームの雰囲気に対する不満だという。

伝説の名将も復帰熱望で架け橋となるか

「彼はファーガソンに対して、(レアルの)ドレッシングルームの雰囲気は常に緊迫したもので、マンチェスター・ユナイテッド時代のような絆はない、と語った」と報じられている。そして、伝説の名将はロナウドのユナイテッド電撃復帰への架け橋になる可能性が浮上しているという。

「ファーガソンはオールド・トラッフォードでの影響力を依然として誇っており、ロナウドの復帰を願っていることは秘密ではない」と後押しもあり得ると記事では報じた。

 現在チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督とはレアルで確執が伝えられたこともあり、同郷のポルトガル人指揮官がロナウド獲得を求めるかは不透明だが、伝説の名将がロナウドの赤い悪魔復帰のキーマンとなるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/18(日) 13:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新