ここから本文です

この時期、8割以上の女性が体調不良を実感する「気象病」とは?

6/18(日) 18:30配信

@DIME

すでに梅雨入りした地域もあるが、不安定な天気が続いている。この時期、古傷が傷んだり、頭痛や食欲不良、疲れが取れにくいなどの体調不良を実感する人も多いのではないだろうか。もしかすると、それは天候の影響によって発症する“気象病”が原因かもしれない。

【グラフ】この時期、8割以上の女性が体調不良を実感する「気象病」とは?

ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「decencia[ディセンシア]」を展開するdecenciaが以前、30代から40代の女性277名に対し、梅雨の時期の体調や肌状態に関する意識調査を行なったところ、梅雨の時期に体調不良を実感したことがある人が85%いることが判明した。

体調不良を実感したことのある人に該当する症状を聞いたところ、最も回答が多かった1位は「だるさ」、2位は「頭痛」、3位は「冷え」という結果になった。同様に、梅雨の時期、肌状態の悪化を実感したことがある人は、82%に上った。

今回の調査で回答が多かった「だるさ」や「頭痛」、「冷え」は、“気象病”と呼ばれる、気圧や気温の変化によって起こるさまざまな体調不良の症状の一つとして考えられる。6月は、天候が悪い日が多く、低気圧の影響を多く受ける月。リンパの流れや血流循環は、外からの圧が適度にかかることで安定するため、圧が弱くなるほど循環が悪くなってしまう。そのため、低気圧の日は、体の中の循環が悪くなり、血流低下、新陳代謝の低下につながり、それによって肌のバリア機能の低下も進む。

また、気圧が低く天候が悪い日が続くと、日光を浴びることで増え、精神を安定させる脳内物質セロトニンが減り、精神のバランスが崩れやすくなるため疲れやすく、年間でもストレスを感じることが多い月となっている。ストレスは体調不良だけでなく、肌冷えも招くため、天候不良による体内循環の悪化とストレスによって冷えた肌にスキンケアが効きにくくなり、肌状態の悪化を感じることにつながっていく。

つまり、この時期は、【気象病によってストレスがたまる⇒ストレスによって肌が冷える⇒スキンケアが効きにくい肌になる⇒肌状態が悪化】と、負のスパイラルに陥りやすい時期。そこで、ディセンシアからは、「ストレス解消」と「代謝アップ」のため日々の習慣で取り入れられる、気象病に打ち勝つための簡単ケアを紹介する。

【食事】
夏でも肌を冷やしすぎる冷たい飲み物や食べ物の取りすぎに注意。生姜やねぎ、唐辛子など血行を促進させ代謝を高める食材を積極的にとることがおすすめ。

【入浴】
シャワーで済まさずお風呂に浸かる。熱すぎない38~40℃のお湯が心と体にリラックス効果を与える。20分程度浸かると、全身の血液の循環が活発化し体を温める。

【スキンケア】
心地良いと感じる感触や香りのスキンケアでストレスフリーなお手入れを。感触や香りによって自律神経の緊張を緩和することで、血行が良好になる。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:6/18(日) 18:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年11月号
9月16日発売

定価600円

RIZAPの真実。
2018年最新手帳 格付けレビュー
スーパー中学生のつくりかた