ここから本文です

ミラン新強化部長が仰天プラン発表! C・ロナウドとドンナルンマの衝撃トレード?

6/18(日) 19:11配信

Football ZONE web

5年総額60億円のオファーを断ったドンナルンマの去就問題がイタリアで波紋

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは地元マドリード検察から1470万ユーロ(約18億円)の脱税容疑で起訴されたことに端を発し、ポルトガル代表の同僚に「移籍を決断した。撤回はしない」と断言したと報じられている。一方、ACミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマは契約延長に応じない方針を発表したが、ミランの新強化部長は世界最高のスーパースターと18歳の守護神をトレードする驚愕プランを発表した。イタリア地元紙「コリエレ・デッロ・スポルト」が報じている。

【全ランキング】スイス調査機関CIESが算出! 「最新推定市場価格トップ110選手」

 イタリアでは、ミランから年俸6億円という高額年俸オファーを断ったドンナルンマの去就問題が波紋を広げている。ミランサポーターを公言していたはずの守護神について、マッシミリアーノ・ミラベッリ強化部長は「彼には、ファンにとってのクラブのシンボル担ってもらいたかったんだ。ジージョ(ドンナルンマの愛称)は全ての条件を満たしていたんだ。彼はキャプテンマークも巻くことができた。実際には若者にとって、そしてミランの状況からしても巨大なオファーも出した。5年間で税引後2500万ユーロというのはクラブにとって、グロスで5000万ユーロの支出を意味するんだ」と語ったという。

 5年総額で60億円という年俸を提示したミランだが、思いは叶わず。ドンナルンマはイタリアメディアでレアル・マドリード移籍をすでに決断したと報じられている。その一方、ロナウドはスペイン税務当局から課せられた18億円の脱税疑惑からレアル移籍を熱望していると報じられている。

ミラン側は「会談を持つ準備できている」

 ミラベッリ氏の口からは冗談ともつかない仰天プランが飛び出した。

「もしも、クリスティアーノ・ロナウドがレアルからの移籍を希望し、彼らがドンナルンマを求めるのなら、我々はフロレンティーノ・ペレス会長と会談を持つ準備はできている」

 16歳からトップチームでプレーしている神童とはいえ、現在のミランはかつての世界屈指の名門ではなく、近年は暗黒期を過ごしてきた。現在スーパースターがミランのユニフォームを着るイメージはなかなか湧いてこないが、ロナウドとドンナルンマという衝撃のトレードは実現するだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/18(日) 19:11
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新