ここから本文です

【柏】連勝ストップは良薬となるか。選手たちが「甲府の策にハマった」原因を分析

6/18(日) 7:00配信

SOCCER DIGEST Web

「相手はつなぐことを放棄していた」。

[J1リーグ15節]甲府 0-0 柏/6月17日/中銀スタ
 
 柏の連勝が8でストップ。チームとしてストロングポイントを出せずに試合が終わってしまった。
 
 柏はオープンな展開になった終盤こそ決定機を創出したが、試合を通して攻撃が停滞していた印象が残る。ボールは保持しているものの、相手ゴールに迫れない。8連勝を達成したこれまでのような躍動感がプレーになく、どこか身体が重たく、小さなミスも散見。うまくいかないことでフラストレーションを溜め、不用意なファウルも多かった。
 
 60分に交代を告げられた武富孝介は「縦パスを防がれてほとんどの時間で停滞した。後半はオープンになったが、疲労によるもの。前からプレッシャーに行く場面で蹴られて、そういう面では意表を突かれた」と8連勝中に積み上げたハイライン・ハイプレスという武器を上手く消されたと話す。
 
 守備がハマらない点についてはCBの中谷進之介も「相手は繋ぐことを放棄していた」と口にし、プレッシャーをかいくぐられたと嘆く。さらに中谷は攻撃についても「全体的にテンポが遅かった。自分たちの早いテンポのサッカーができなかった」と振り返る。
 
 では、柏の攻撃が停滞したのはなぜだったのか。主将の大谷秀和は冷静に分析する。「もっと思い切ってボールを入れても良かったが、慎重になりすぎた。ボールを大事にし過ぎてテンポが上がらない。パススピードも上がらず、相手を良い形で動かせなかった」
 
 選手たちの言葉からも甲府の策にハマったことは窺える。しかし、GK中村航輔のビッグセーブでピンチを防ぎ、交代カードで流れを引き寄せ、終盤にはチャンスを作った。
 
 中川寛斗は「パスがつながらなくなるのは毎試合あることで、どれだけ修正できるか(が大事)。そこは変わらずやったが、最後のオープンになった展開で仕留め切れなかった」と課題を痛感。「連動性やイメージの共有、ひとりの力でゴールまで待っていくというのも必要になる」と語り、さらなる改善にも意欲を見せる。
 
 チームの武器を消されての連勝ストップ。しかし、「連勝は勢いじゃない。一つひとつ落とさないことを毎試合やっていて、今は冷静に対処している」と中川が語るように、この試合の経験を次節へと活かしたい。
 
取材・文:志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)
 

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

最終更新:6/18(日) 7:31
SOCCER DIGEST Web