ここから本文です

【浦和×磐田】GK西川に何が起きた? 競り勝ったアダイウトンが明かすインパクトの瞬間

6/18(日) 22:51配信

SOCCER DIGEST Web

「まずフィフティ・フィフティ(50パーセント)だと感じた」。そして――。

 [J1 15節]浦和レッズ 2-4 ジュビロ磐田
2017年6月18日/埼玉

 68分、CKのピンチが、ビッグチャンスに転じ、アダイウトンの値千金のゴールが生まれた。
 
 柏木陽介のCKから混戦になり、ボールは再び左サイドに残っていた柏木のもとへ。すると彼の右足の中央へのパスを川又堅碁がインターセプトし、前線へロングキックを放つ。
 
最前線に残っていたのはアダイウトンだ。背番号15は一瞬にしてトップスピードに入り、浦和DF陣の背後のスペースを突く。
 
 そこにクリアしようと飛び出してきたのがGK西川周作だった。果たして、どちらが先にボールに触れるのか――。”競走”になったシーンを、アダイウトンは振り返る。
 
「GKが前に出てきていて、まずフィフティ・フィフティ(50パーセント)だと感じた。ここでこそ自分のスピードを生かせると思って、思い切って前へ突き進んで行った」
 
 そしてアダイウトンが先にボールに触れると、西川とファンブル。アダイウトンが競り勝ち、ボールはゴール前にこぼれた。
 
「そこで何が起きたのか、咄嗟には分からなかった。ボールが当たり、視界が開けると、ボールが前にあり、あとは必死に追いかけて蹴り込んだ」
 
 DF森脇良太がゴール前にフォローし、中央では川又が走り込みフリーでいた。ただアダイウトンは、「パスを出すことは考えなかった。森脇選手を間接視野で捉え、かわすことだけを考えた」と、森脇を冷静に振り切り、無人のゴールにシュートを叩き込んだ。
 
「最後までハードワークをしないと勝てないと思っていた。それに常にバランス良く戦えた。自分の力を、チームの勝利のために生かせて良かったよ」
 
 そう語るアダイウトンは、さらに74分、80分と松浦拓弥のゴールもお膳立て。「松浦は急成長しているよ。勝利をもたらし、もうひとつの目的であるサポーターを喜ばせることができて嬉しい」と、逆転勝利の立役者であるブラジル人アタッカーは笑顔を浮かべた。
 
 磐田はこれで2連勝。しかもG大阪、浦和を撃破。25日はホームでFC東京を迎え撃つ。この勢いは本物だ。
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)

最終更新:6/19(月) 16:27
SOCCER DIGEST Web