ここから本文です

梅雨のジメジメでやる気がない……。そんなときは?フォロワー19万人のマッチョ社長が悩みを解決!

6/18(日) 16:00配信

HARBOR BUSINESS Online

「人生の悩みの99%は筋トレで解決する!」。この信念に基づいたツイートが話題を集め続け、現在19万人のフォロワーを持つTestosterone氏(@badassceo)。ダイエット・筋トレメディア『DIET GENIUS』の代表も務める噂のマッチョ社長に多くの人が抱える悩みを「筋肉」で一挙に解決してもらう!

「梅雨でジメジメして、どうにもやる気が出ない……」「雨のせいで引きこもりがち。やりたいことが全然できない……」。これからの季節は、こんな悩みを抱える人が多くなるだろう。そんなもの全部言い訳に過ぎないと思うが、まあ天気が良くないと気分も晴れないのは理解ができる。そこで梅雨のせいでやる気が出ない人たちに向けたアドバイスを送りたい!

 梅雨のジメジメに打ち勝つにはどうすればいいかって? 簡単だ、筋トレですべて解決する。

 冗談みたいな話だが、これは紛れもない真実だ。というのも、筋トレは沈んだ気分をハイにしてくれる“脳内麻薬”だから。もちろん「完全合法」かつ「超絶ヘルシー」だから安心してくれ。

 筋トレをすると、テストステロンやエンドルフィン、アドレナリン、セロトニン、ドーパミンなどなど、気分ぶち上げオールスターズがガンガン分泌される。気分が上がるだけじゃなく、ストレス解消やリラックス効果も大いに期待できる。酒でストレス解消していたら身体に悪いし、二日酔いも残る。買い物でストレス解消していたら、そのうちカネが回らなくなる。酒も買い物も一時のストレス解消でしかなくどちらも負の遺産を残すんだ。俺に言わせれば筋トレこそ至極のストレス解消法だ。しかも、健康管理やアンチエイジングという、超ヘルシーな副作用まで付いてくる。だからこそ、筋トレをやらない手はないのである。

 ん?「そもそもジムに行くモチベーションが湧かない」だと? 何を言っているんだ! 何かをやろうと思ったとき、いちいち天気や季節に影響されていたら何も始まらない。たしかに「天気は最高! 体調も最高! 仕事も一段落しプライベートも落ち着いている!」なんて状況だったら自然とやる気は出るだろう。だが、そんなすべてが完璧な状況なんて人生においてほぼない。すべてのコンディションが完璧に整ったベストなタイミングを待っていても、そんなもの一生訪れないのだ。だから、雨や湿度を言い訳にするな! 雨や湿度ごときに君の人生をコントロールさせていいのか? 条件が整うのを待つんじゃない。条件に関係なくやるべきこと、やりたいことをやるのだ。

 ここまで言っても、「それでもやる気が出ない」という人もいるだろう。そんな人は、騙されたと思って、一度ジムに足を運んで筋トレしてみてほしい。この世に絶対はないと言うが、どれだけ気分が乗らなくても、不思議なことにジムに行って筋トレし終わった後に後悔することは絶対にない。「はぁ、ダルいなぁ……」なんて思っていても、ジムに行って筋トレしてるうちに楽しくなってくる。やる気のない心も、無理やり身体を動かしていると勝手に空気を読んで“やる気のある心”に変化するし、疲れたという感覚も無理やり追い込んでると「疲れたなんて言ってらんねーぞ。身体がこれだけ動いてるんだから元気出さないと!」とだんだん薄れていくものだ。そして、終わるころには「来てよかった! スッキリした! 筋トレ最高! さあプロテイン飲むぞ!」となること間違いなしだ。俺を信じろ。

 うさんくさい宗教みたいと思うかもしれないが、筋トレをそんな得体のしれないものと一緒にしないでくれ。怪しさなんて微塵もないし、めちゃめちゃ健全。かかるお金もジムの月会費くらい。しかも、ホルモンが分泌されるから確実に気分が上がるしハッピーにもなる。筋肉は最高にカッコいいしな。

 さあ!「雨が降っているから」とか「ジメジメしているから」と言い訳している暇はないぞ! 今すぐジムに行って、ジメジメした気分をぶっ叩け! そして、仕事なり資格の勉強なり、なりたい自分に向かって爆走するんだ!

【Testosterone氏】

とあるアジアの大都市で社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学を普及させることをライフワークとしている。忙しい社長業の傍ら、筋トレの時間を捻出するために編み出した時間効率メソッドが書かれた新刊『筋トレライフバランス マッチョ社長が教える完全無欠の時間管理術』が好評発売中!

Twitter:@badassceo

DIET GENIUS HP:https://dietgenius.jp/

<構成/加藤 純平>

ハーバー・ビジネス・オンライン

最終更新:6/18(日) 16:00
HARBOR BUSINESS Online