ここから本文です

アーセナルの若手DF、火災被害者に救いの手。「出場1分あたり7000円寄付する」

6/18(日) 21:40配信

フットボールチャンネル

 アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンは、ロンドンで先日発生した大規模なマンション火災事故の被害者支援のため寄付を行うことを表明した。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したあのMFが1位に… 移籍金歴代トップ10

 現地時間の今月14日に、ロンドン中心部にある24階建ての高層マンション「グレンフェルタワー」で火災が発生。警察発表によれば少なくとも30名の死亡者が確認されており、さらに数十名の行方不明者がいる模様だ。

 サッカー界からも様々な形で被害者支援の手が差し伸べられており、ロンドンを本拠地とするアーセナルでプレーする若きサイドバックも寄付を表明。「U-21欧州選手権で1分間プレーするごとに50ポンド(約7100円)を寄付する」と17日にツイッターでコメントを投稿した。

 U-21スペイン代表としてポーランドでの大会に出場しているベジェリンは、スペインが5-0の大勝を収めた17日のマケドニア戦に先発して90分間プレー。この時点で4500ポンド(約64万円)を寄付するということになる。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)