ここから本文です

「生前退位」 皇居への引っ越しで雅子さまを心配する声も

6/19(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 天皇陛下の「生前退位」にまつわる特例法が成立した6月9日、皇太子さまは1泊2日の日程で、「みどりの愛護」のつどいへのご臨席のため石川県に足を運ばれた。

「式典のほか、金沢市内にある特別支援学校で生徒と交流されたり、白山市の『千代女の里俳句館』で江戸時代に活躍した女性俳人に関する展示や俳句教室の様子をご覧になりました。到着時、JR金沢駅に集まったのは約800人。警察によると、滞在中の2日間で計約8000人が奉迎したそうです。“皇太子としてのお姿を見られる機会は残り少ないから”という声も聞かれました」(皇室記者)

 特例法が成立したことで、来年末にも陛下は退位され、2019年のスタートは皇太子さまが新天皇となって迎えるとされている。

「石川県へ向かわれる北陸新幹線で、皇太子さまは最高級のグランクラスではなくグリーン車を利用されました。『質素倹約』は、皇室の精神の原点。雨中でも人々に笑顔を見せようとされたお姿からも、即位への準備段階にあることが伝わってきます」(前出・皇室記者)

 当初はご一緒される予定だった皇太子妃雅子さまだが、熱や扁桃炎による咳といった風邪の症状を訴えられ、お取りやめになった。5月25日の全国赤十字大会、31日の認定こども園の訪問も同様の理由で取りやめられており、これで5月14日の大相撲五月場所の観戦を最後に、雅子さまは約1か月間、公の場にお姿を見せられていないことになる。

「4月末の春の園遊会に続いて大相撲観戦も着物姿でお目見えになった雅子さまへの注目度は日に日に高まっていました。そんな中にあって、赤十字大会を欠席されたことは雅子さまにとって大きなショックだったのではないでしょうか。最近、雅子さまの公務へのお出ましの機会が増えてきていても、あくまで“当日の体調を考慮して”という状態でした。ですが、赤十字大会に限っては報道陣に配られた事前資料に雅子さまが臨席される旨が明記されていた。それだけ雅子さまのお気持ちも強かったということです」(宮内庁関係者)

1/3ページ