ここから本文です

倉科カナ「男子が家の前でたくさん待ってる」驚きの“モテ期”語る

6/19(月) 11:00配信

ザテレビジョン

トーク番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)の6月18日(日)の放送回に、女優・倉科カナが登場。今回はくまもと県民テレビの新社屋が完成したことを記念して、MCの上田晋也の故郷でもある熊本県からスペシャル版として放送された。

【写真を見る】照れ笑いしつつ、モテエピソードを語った倉科カナ(写真中心)

スタジオトークが始まるとゲストの倉科が熊本出身ということで、上田と熊本トークで盛り上がる。

森泉が「ちょっと2人で、熊本弁で話してよ!」と振ると、2人は熊本弁トークを展開。「ぬしゃ、子どもの頃はどぎゃん子どもだったつや(あなたは子どもの頃、どんな子どもだったの?)」という上田の質問に、倉科は「たいぎゃあ、ヤンチャだったね(すごくヤンチャでした)」と返答するなど、大盛りあがり。

この流れで1歳半頃の倉科の写真がパネルで紹介されると、上田は「さっき、熊本弁で話していたけど、どんな感じでやんちゃだったの?」と投げかけると、倉科は「1回、トラックに引かれて無傷だった!」と衝撃エピソードを笑顔で披露。

続けて小学生時代(11歳頃)の写真が出ると、上田からは「ぶっちゃけモテたでしょ?」と、やんちゃ時代から一変して一気に女の子らしくなった倉科の写真を見た上田が絶賛。

倉科は「この頃がピークでしたね……。小学生の頃はモテましたね」としみじみ。

上田は「いいね! 女優さんって、なかなかそういうこと言わない。ハッキリ言ってくれて気持ちいい!」と大絶賛。

小学生の頃は「(学校から)帰っていると、男子が自転車で追いかけてきてくれたり、帰っても家の前で男の子が待っているんです」「おばあちゃんが『カナ、外に男の子がたくさんおるぞ』って」と当時を振り返り、「これだけが私の誇りなんです」と照れ笑いしていた。

次回は 、 6月25日(日)夜10.00より放送予定。ゲストは新井浩文が登場予定。

最終更新:6/26(月) 11:28
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円