ここから本文です

野際陽子さんの生きざま、あの素晴らしかった名女優の「まごころ」

6/19(月) 23:00配信

週刊女性PRIME

 6月16日、ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)の番組冒頭にテロップが流された。

野際さんのなつかしい写真を見る

《6月13日、野際陽子さんがお亡くなりになりました。心よりご冥福をお祈り申し上げます》

 病魔が彼女を連れ去ってしまった。享年81。肺腺がんだった。

「『やすらぎの郷』では、石坂浩二が演じる主人公・栄の妻だった律子の親友という役柄でした。野際さんの体調を案じた倉本聰さんは、負担がかからないように脚本を書き換えていました。彼女もそれに応えてしっかり演じていましたよ。最後の収録となった5月7日は鼻にチューブをつけて現場入りしましたが、カメラが回ると一瞬で女優の顔になりましたね」(制作会社関係者)

 翌日に緊急入院。現場復帰への意欲は衰えなかったものの、病を克服することはできなかった。がんが見つかったのは、昼ドラ『花嫁のれん』(フジテレビ系)に出演していた'14年のこと。

「つらかったようで、撮影中に脂汗を流していたそうです。幸い、早期発見だったので治療は成功しますが、翌年に再発。腫瘍の摘出手術を行い、肺の大きさはかなり小さくなってしまいました。

 声が出づらくなっていて、しゃべるときも苦しそうでしたね。退院時には酸素吸入器を使わなければならないほどでした」(スポーツ紙記者)

 衰弱ぶりは明らかで、一時は引退という言葉もちらついた。しかし、野際さんの女優魂が奇跡を起こす。抗がん剤が身体に合ったようで、体調は劇的に回復した。

「治療の効果もあるんですが、本人の意欲が病気に打ち勝ったのでしょう。仕事に戻りたいという思いが、病との闘いに力を与えました。通院は続けなければなりませんでしたが、再び仕事ができるようになったんです」(同・スポーツ紙記者)

 昨年は『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)や『コントレール~罪と恋~』(NHK)などのドラマに出演。映画では『いつまた、君と~何日君再来~』の公開が6月24日に控えている。

1/3ページ

最終更新:6/19(月) 23:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」10月3日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)