ここから本文です

田原俊彦、元SMAPにエール「独立したことを後悔したことは1度もないよ」

6/19(月) 21:00配信

週刊女性PRIME

いい時も悪い時も、すべて自分の責任

「トラブルを起こす人のことは、僕にはまったく理解できないな。基本的に頭がよくないんでしょうね(笑)。自分を大切にしないってことは、仕事放棄も一緒。そういう人ってメンタルが弱いのかも。僕は異常に強いから(笑)」

 最近、また芸能界が騒がしいが、元祖お騒がせ男といっても過言ではないのが田原俊彦(56)だろう。

「堕ちてしまう人はもともとダメなやつなんじゃないですか。やっぱりこの世界、まじめにコツコツやっている人が最後は勝つと思う。それだけではどうにもならない部分もあるけど、そうじゃないと神様いるの? って思っちゃうもん」

 ジャニーズ事務所から華々しくデビュー。アイドル全盛期だった’80年代の中でも、トップアイドルとして君臨。現在まで38年間、休むことなく走り続けてきた彼の歩みを振り返ってみると、スターならではのエピソードも尽きない。

 人気の絶頂を迎えていたのは、日本全体が浮かれていたバブル期。そのため、時間を縫って夜遊びにも精力を注いだ。

「当時住んでいたジャニーズの合宿所をこっそり抜け出して、ディスコなどに繰り出していましたね。だから、写真週刊誌が創刊したあとは、よくお世話になりました(笑)」

 スター街道を歩んでいた彼の風向きが大きく変わったのが、’94年の長女誕生会見での“BIG発言”。その発言の一部分だけを切り取られ報じられてしまったことで、バッシングされるようになってしまったのだ。

「だからマスコミは嫌いですよ(笑)。当時は人のプライベートの邪魔をするなって思っていたけど、それでもほっといてくれなかったのは、僕が“BIG”だったからでしょうね(笑)。あの発言で風向きが変わってしまったけど、それは僕のやり方が下手だっただけ。だから人間不信になったりもしないし、考え方を変えるつもりもない。いい時も悪い時も、すべて自分の責任ですから」

 この発言から間もなく、ジャニーズ事務所を退社。それまでのようにテレビで活躍する機会は減ってしまった。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 21:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)