ここから本文です

Zeebra、UZIが「デュエルマスターズ」に? 「フリースタイルダンジョン」TCGも

6/19(月) 15:26配信

KAI-YOU.net

日本語ラップの先駆者であり、「フリースタイルダンジョン」のモンスターを引き連れ、音楽番組「ミュージックステーション」(Mステ)に出演したZeebraさんのTwitterの投稿が話題を呼んでいる。

投稿には人気カードゲーム「デュエル・マスターズ」の写真が載せられていた。そこにあったカードには、なんとZeebraさんやUZIさんを意識したと思われる「侵略者 ジーブラ」と「大長老ウェイヨウ」が載せられている。

狙っているのか? カード名がかかっている奇跡

偶然かもしれないが、「侵略者 ジーブラ」は、Zeebraさんの名前とほぼ一致するもので、「大長老ウェイヨウ」は、Zeebraさんとともにフリースタイルダンジョンの司会を務めるUZIさんの決め台詞「うぇいよー」にかかったものだ。

Zeebraさんは投稿の文中で、UZIさんにかかった「大長老ウェイヨウ」がレアカードだったことを羨ましがっている。

ファンからは、「何か知らんけどウケましたわwww」、「笑いました」、「DMだー!すごい!ついにカードに進出とはw」などといったコメントがZeebraさんの投稿に返信された。また、その中には、「偽りの名 ヤバスギル・スキル」というカードも紹介された。

さらに、「フリースタイルダンジョン」好きのカードゲーマーの人たちへ嬉しいニュースがある。

ダンジョントレカも発売!

「フリースタイルダンジョン」のモンスター7人による新曲「MONSTERVISION」のリリースライブが6月18日(日)に大阪、6月24日(土)東京にて開催されるが、会場限定のグッズとして発売される。

販売価格は、1パック3枚入りで300円となっており、全15種類のカードが収録されている。

Zeebraさんのツイートによると「カードでバトルもできますよー!」とのことで、どのような仕様になっているのか気になるところだ。

カードゲームとヒップホップ

元々、ヒップホップが好きな人は、不良やヤンキーというイメージだったが、近年は、様々なラッパーの登場によってオタクよりの人たちも楽しめるカルチャーとなっている。

一方で、小さい頃にほとんど人がカードゲームをした経験はあると思うが、大人になってもやる人はオタクだと認識される傾向にある。

しかし近年は、マジック:ザ・ギャザリングで株式会社Cygamesがスポンサーとなったプロチームが発足したり、芸能人でも高橋みなみさんやDAIGOさんなどカード好きな人が増えている。

そういった点から、カードゲームとヒップホップのカルチャーは一見、真逆にみえるが、両方のカルチャーが好きな人は意外と多いと言えそうだ。

今回のZeebraさんのツイートによって、カードゲームが好きかつ、ヒップホップが好きな人には、テンションが上がってしまうできごととなった。

最終更新:6/19(月) 15:26
KAI-YOU.net