ここから本文です

あなたのパートナーが「理想の男性」である15のサイン

6/19(月) 12:00配信

コスモポリタン

理想のパートナーの定義って難しいもの。お金、職業、学歴など、人によって求めるものは様々だから。でもそれらを超越して、一緒にいるだけでなんだかハッピーになっちゃう相手っていませんか? 今の彼がもしそんな人だったとしたら、それはあなたが「理想の相手」と巡り会ったサインかも…。

寝相でわかる?彼とあなたの「関係性」

ここではコスモポリタン アメリカ版がまとめた、「あなたのパートナーが理想の男性であるサイン」をお届け。あなたの彼はどれくらい当てはまる? 全部当てはまったという人は、彼とのハッピーな時間を存分に楽しんでください。

1.結婚式の後の満足感

友人や家族に祝福された結婚式の初夜、情熱的なセックスをした? それとも疲れきってベッドに倒れこんだ? どちらにせよ、彼が自分にとって最良の相手なら「幸せで満ち足りた気持ち」になれたはず。

2.ハネムーンも最高

彼が理想の男性なら、ハネムーンの行き先がリラックスできるビーチなのか、世界遺産を見に行く旅なのかといった点は関係なし! ただただ一緒に過ごすうちに「結婚した」という実感が強まってきて、改めて「この人と結婚してよかった」と思えるはず。

3.お互いが平等

例えば、彼があなたに“女性らしさ“を押し付けてくることはないし、あなたの方も彼に“男らしさ“を押し付けたりはしない関係。もちろん、お互いに昔ながらの男女の役割を期待し合うカップルも素敵。つまりは相手の考えを尊重して、双方が納得できるあり方について話し合える間柄かどうか、というのがポイント。

4.あなたが嫌がることをしない

「トースターにパンくずを残さないで」「そのパンくずをシンクに流さないで」といった一見“些細なこと“を、ちゃんと聞いてくれる相手か否か。もちろんあなたの方も、彼の気にすることや嫌がることに耳を傾けるのが大事。

5.彼と結婚していない人生が考えられない

彼のいない人生を想像した時、絶望的な気持ちに陥る? それは「またシングルに戻るのかー、相手探すの面倒くさいよ!」という意味ではなく、あなたが「彼といると人生がもっと良くなる」と感じられているかどうか、ということ。彼といる必要があるからいる、ではなく、彼といたいからいる。そう感じられるかどうかが、1つのバロメーターになるはず。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 12:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

Yahoo!ニュースからのお知らせ