ここから本文です

「感動の3球三振」に米反響 12歳少年が“奇跡のセーブ”「笑顔と涙をもらった」

6/19(月) 11:02配信

THE ANSWER

ダウン症のブレイデン君がシーズン最終戦で登板 “奇跡のセーブ”に「笑顔と涙をもらった」

 リトルリーグでダウン症を抱えた少年がシーズン最終戦に登板。懸命な投球で打者を三振に打ち取る様子を、米紙「USAトゥデー」電子版が動画付きで紹介。複数のメディアが取り上げ、ファンの間では「笑顔と涙をもらった」と感動が広がっている。

【動画】渾身の3球に次々バットが空を…米「リトルリーグ」が紹介したブレイデン君の“奇跡のセーブ”の瞬間

 感動の物語が生まれたのは、ボストンのパークウェイ・リトルリーグだった。

 ニューイングランドのテレビ局「NECN」などによると、主役となったのは、ボストンで警察官を務める父を持つブレイデン・ゲロ君だ。ダウン症を抱えながら、リトルリーグで外野手としてプレーしてきた12歳は「マウンドでシーズン最後のバッターを打ち取りたい」という夢を持っていたという。

 14日、ブレイデン君の所属するアスレチックスはシーズン最終戦でフィリーズと対戦。その最終回。2死の場面を迎えると、ブレイデン君がマウンドに呼ばれた。打者と対峙したサウスポーは、小さくふりかぶると、捕手のミット目がけて懸命に左腕を振った。

 初球は大きな弧を描いたボールに打席の右打者が空振り。続く2球目はホーム手前でワンバウンドとなったが、再びバットが空を切り、一気に追い込む。そして、観衆が固唾をのんで見守るなか、迎えた運命の3球目――。打者は入魂の1球を捉えきれず、空振り三振となり、ゲームセットとなった。その瞬間、大きな歓声とともに、両チームの選手たちが一斉にブレイデン君のもとに駆け寄り、喜びを分かち合った。

「ダウン症の若きアスリートが敵味方の選手とともに夢を実現させた」

 こう報じられた記事によると、3球三振の裏では両軍が力を合わせた“粋な計らい”があった。

3球三振に隠された秘話「ただただアメージング」「これがリトルリーグの全て」

 アスレチックスのコーチ陣と相手のフィリーズが一致団結し、ブレイデン君の投じた3球は全て空振りとなるよう事前に取り計らわれていたという。

 記事では「競技目標を卓越した両チームのスポーツマンシップによる感動の瞬間だった。関わる全ての者にとって称賛と拍手に値する瞬間だ」と絶賛している。

 ブレイデン君の雄姿を収めた動画は、すでに12万回以上再生され、続々とエモーショナルな声が上がった。

「ただただアメージング。尊敬する」

「笑顔と涙をもらった」

「これがリトルリーグの全て」

「今まで見た中で最もクールなものの一つだ」

 もちろん、試合である以上、勝ち負けは大事だが、10歳前後の少年がプレーするリトルリーグには人として成長していく上で教育上、大きな意味を持っている。敵味方を超越して生み出した感動ストーリーに、多くのファンが心を打たれた様子だった。

 3球三振によって打ち取り、セーブを記録してシーズンを締めくくったブレイデン君。12歳のリトルリーガーが起こした“奇跡”は、後世に語り継がれていくだろう。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/19(月) 11:02
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。