ここから本文です

小さな箱型ロボットは、新市場を拓くか

6/19(月) 19:12配信

WIRED.jp

一般的にロボットといって想像するような「人型」ではない。そんな新型ロボット「PLEN Cube」が、クラウドファンディングで支援を集めている。ソフトバンクが自然言語対話AIを搭載して発売する計画を打ち出すなど、さらなる進化が期待される「PLEN Cube」。「新しいロボットのかたち」は、人型が主流の日本に根付くのか。

【初公開】世界記録を20m上回った世界最大の飛行機

ロボットといって多くの人が想像するのは、「Pepper」のように人型をしていて、音声でコミュニケーションできるものだろう。だが、このロボットは人型ではない。両腕や“脚”はなく、まだ会話することもできない。

クラウドファンディングサーヴィス「Makuake」で支援募集が始まった「PLEN Cube」は、内蔵カメラが人の顔に追従してハンズフリー撮影ができたり、家電のコントロールをしたりできるコンパクトな箱型ロボットだ。Makuakeでの支援募集は4月に開始し、目標金額の200万円を即日達成した。先行して支援募集を実施したKickstarterでは、3日間で目標を達成して8万ドル以上を集めた。2018年6月にも支援者の元に届く予定である。

PLEN Cubeの内蔵カメラは、顔を認識するフェイストラッキング機能を搭載しており、ハンズフリー撮影が可能だ。つまり、被写体を自動認識し、その動きを首を振って追いかけながら撮影する。撮影した写真はWiFi経由でインターネットに公開することも可能だ。操作は音声やジェスチャーで行う。

特徴的なのは、その形状だ。PLEN Cubeという名の通り、角を丸くした立方体のようなフォルムをしている。上部と下部がほぼ半々に分かれており、カメラが搭載された上半分は4つのアクチュエーター(モーター)で上下左右に動く。その見た目は、いわゆる“人型”とはほど遠いとはいえ、その動きは首を振っているかのようだ。どこかコミカルで、アニメに出てくるマスコットキャラクターのようにも見える。

「サーヴィスロボットには、アニメに出てくるような人型や、人間サイズの大きなものがよくあります。ですが、わたしたちはリヴィングルームや野外に置いても違和感のないデザインを目指しました」と、開発元であるプレンゴアロボティクス社長の赤澤夏郎は説明する。

手塚治虫のマンガ「鉄腕アトム」の影響が大きいためか、日本で過去に開発されて話題になったロボットは、人型や二足歩行タイプが多かった。ホンダの「ASIMO」に始まり、最近でも仏アルデバランロボティクス(現在はソフトバンクロボティクスヨーロッパ)の「Nao」、ソフトバンクの「Pepper」、シャープの「RoBoHoN」など、すべて人型だ。ソニーの「AIBO」は犬やライオンなどを意識した四足歩行の動物タイプだが、これは愛玩用なので例外といえる。

二足歩行の人型ロボットはバランスが取りにくく、開発の難易度が高い。多くのアクチュエーターが必要になり、コストもアップしてしまう。実際、PLEN Cubeの前身となったプレンプロジェクトの人型ロボット「PLEN 2」は、組み立てキットで759ドル(約8万6000円)からで、完成品は859ドル(約9万7000円)からとなっている。より一般向けのものとするために、キューブ型のシンプルなフォルムに変え、どこの家庭でも溶け込みやすいスタイルとコストダウンを両立した。

ロボットの動きには、かなり工夫を施しているという。「ロボットの会社を十数年続けており、そこで培った二足歩行のノウハウが生かされています」と、赤澤は言う。実際にPLEN Cubeの動作を見ていると、4つのアクチュエーターで動いているとは思えないほどスムーズだ。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 19:12
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.28』

コンデナスト・ジャパン

2017年6月8日発売

630円(税込み)

特集「Making Things ものづくりの未来」。大量生産、大量消費の時代が終わりを迎えるなか、ヒトはいかにものと向き合い、それをつくり、使っていくのか。