ここから本文です

サウサンプトン新監督にザッケローニ浮上! 吉田との“日本代表タッグ”復活か

6/19(月) 11:29配信

Football ZONE web

解任されたピュエル監督の後任候補リストに名前が挙がる

 日本代表としてブラジル・ワールドカップを戦ったタッグが、イングランドで復活する可能性が急浮上している。英紙「デイリー・スター」が報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、クロード・ピュエル監督を先日解任し、後任探しに着手している。複数の監督就任候補が報じられるなかで、ザッケローニ氏もそのリストに含まれていると報じられた。

 2010年南アフリカ・ワールドカップ後に日本代表監督に就任したザッケローニ氏は、14年ブラジル大会まで指揮した。そのなかで吉田はセンターバックの主軸としてポジションを確保し、11年アジアカップ優勝などにも貢献。ザックジャパンの顔の一人として活躍し、12年夏からサウサンプトンでプレーしている。

 ザッケローニ氏は日本代表監督を退任した後、16年の年初から中国の北京国安の監督に就任したが、わずか4カ月で解任され、その後は解説者などとして活動している。現場復帰への意欲を持つザッケローニ氏にとっても、大きなチャンスと言えそうだ。

実現すれば日本代表にとってもメリットに?

 吉田にとっても、自身をよく知る指揮官がクラブを率いることになるメリットは大きい。日本代表のゲームにおける移動の負担などを実際に共有している、理解のある監督がクラブにいることは、現在の代表チームにとっても有益なことになるだろう。

 実現すれば吉田、ザッケローニ氏、日本代表の三者にとって大きなメリットがあるサウサンプトン次期監督就任話の行方に注目が集まる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/19(月) 11:29
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新