ここから本文です

【J1採点&寸評】FC東京0-1横浜|際立った一発の重み。大久保は二度の決定機逸が痛恨に

6/19(月) 6:50配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京――中島は判断の質が向上。

[J1リーグ15節]FC東京0-1横浜/6月18日/味スタ
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 5.5
1点を争うという狙い通りの展開を迎えながらも、その1点が遠く、4戦ぶりの敗戦となった。試合を決めるための1点を奪うためには、ゴール前での判断の精度はこれからの課題か。

【PHOTO】FC東京を応援する美女サポーター



【FC東京|採点・寸評】
GK
33 林 彰洋 5.5
失点を喫したものの、ゴール前の制空権を握り、ビッグセーブもあった。
 
DF
2 室屋 成 5
対面したマルティノスに手を焼き、サイドの主導権争いで後手を踏んだ。
 
4 吉本一謙 5.5
シンプルなプレーを心掛け、身体を張った守備でチームを助けた。
 
3 森重真人 5.5
吉本とのコンビでウーゴに仕事をさせず、ビルドアップにも貢献した。
 
6 太田宏介 5.5
左サイドから多くのクロスを供給したが、横浜の高い壁に阻まれた。
 
MF
37 橋本拳人 5(84分OUT)
守備での貢献度は高かったが、課題のビルドアップでミスが目立った。
 
8 髙萩洋次郎 5.5
技術の高さを見せたが、一発で相手の背後を狙いすぎる面も。
 
38 東 慶悟 5.5(77分OUT)
攻守での貢献度は高いが、もっとゴール前で攻撃に絡みたかった。
 
13 大久保嘉人 5
本人も語る通り、二度の決定機を逃したのは痛恨だった。
 
23 中島翔哉 6(69分OUT)
判断の質が向上し、攻撃の中心を担った。あとはゴール前の落ち着きか。

FC東京――P・ウタカの前線での頑張りを勝利につなげられず。

FW
9 ピーター・ウタカ 6
この日はチャンスメイクに専心。最前線で身体を張り、攻撃の起点となった。
 
交代選手
MF
44 阿部拓馬 5(69分IN)
復帰戦となったが、ボールが足につかない場面も目立った。 
 
MF
15 永井謙佑 ―(77分IN)
スピードを活かした突破でチャンスを作り出したが、ゴールに至らなかった。
 
MF
10 梶山陽平 ―(84分IN)
ロングボール策に切り替わったため、ほとんどボールに触る回数はなかった。
 
監督
篠田善之 5.5
試合前から予想していた展開となったが、終盤の勝負どころで持ちこたえられず失点。競り負けてしまった。

1/2ページ

最終更新:6/19(月) 6:59
SOCCER DIGEST Web