ここから本文です

殊勲弾の柴崎岳をスペイン・メディアが称賛!「大きな仕事をやってのけた」

6/19(月) 7:23配信

SOCCER DIGEST Web

すっかりチームの“顔”のひとりに。

 柴崎岳の値千金弾と献身的なプレーを、スペイン・メディアが称えた。
 
 6月18日、リーガ・エスパニョーラ2部の昇格プレーオフ準決勝、テネリフェ対カディスの第2レグが行なわれた。ホームの声援を背に攻勢を仕掛けたテネリフェだったが、カディスの粘り強い守備に手を焼き、なかなか得点を奪えない。そんななか、殊勲のゴールを決めたのが“GAKU”だ。
 
 34分、右サイドから放ったスソのクロスがこぼれ、ゴール前に走り込んでいた柴崎が難なく決め、2戦合計のスコアを1-1とした。その後は両チームとも決め手を欠き、延長戦でも決着が付かずタイムアップ。規定により、レギュラーシーズンでの順位が上のテネリフェがプレーオフ決勝進出を果たした。まさに柴崎の同点弾は値千金となったのだ。
 
 全国紙『MARCA』は「決勝進出の立役者はこの試合唯一のゴールを挙げた日本人プレーヤーと、二度のビッグセーブを見せた守護神ダニ・エルナンデスだ」と紹介。激賞したのが地元ウェブサイトの『deporpress.com』で、「GAKUが存在感を示した。いまやすっかりスペインのフットボールを体現する男だ。前半にスソの素晴らしい突破から得たチャンスで、慌てることなく冷静に蹴り込んだ。大きな仕事をやってのけた」と報じた。
 
 さらに『Republica』紙は「もっとも躍動していたのは柴崎。攻守両面で献身的なプレーが光り、なにより貴重なゴールを決めた。ゴールキーパーのダニ・エルナンデスとともに称えられて然るべきだ」と記した。
 
 シーズン最終盤にグッと声価を高め、ここにきてチームの“顔”のひとりとして取り扱われるまでになった。“GAKU”への注目度は増す一方だ。
 
 プレーオフ決勝の相手はヘタフェに決まった。第1レグが6月21日、第2レグは同24日に開催される。
 

【柴崎岳PHOTO】テネリフェでのプレー&オフショットを厳選!

最終更新:6/19(月) 17:59
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ