ここから本文です

高須院長と人気漫画家が事実婚を選んだ理由

6/19(月) 8:00配信

東洋経済オンライン

 毎週月曜夜7時から放送中の「結婚したら人生劇変! 〇〇の妻たち」(TBSテレビ系)。人気番組「プロ野球戦力外通告」「プロ野球選手の妻たち」を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。

【写真】異色夫婦の知られざる生活とは?

 東京・吉祥寺、地下1階、地上2階の大豪邸。敷地面積、実に475平方メートル。2階に上がると、外光が降り注ぐガラス張りの廊下。その先には36畳もの広さを持つ仕事部屋がある。他にも30畳のリビングや、イタリア製の高級ソファーが置かれた25畳の応接室など、その間取りはなんと10LDK。そんな大豪邸で黙々と仕事に打ち込むのは……漫画家の西原理恵子さん。52歳。

 自身の子育てを描いた代表作『毎日かあさん』は累計240万部の大ヒット!  小泉今日子さん主演で、映画化までされた。デビューから30年。今なお、月30本もの締め切りに追われる、売れっ子漫画家。そんな西原さんは今、自身の夫婦生活を題材に描いた漫画を連載している。それが『ダーリンは71歳』。

■互いにパートナーに先立たれた熟年再婚夫婦

 そのダーリンとは、高須クリニック院長・高須克弥さん。「YES高須クリニック!」のキャッチフレーズで知られる有名人だ。超売れっ子漫画家と、美容整形外科界の風雲児。年の差20歳、ビッグネーム同士のこの夫婦。実は、互いにパートナーに先立たれた、熟年再婚夫婦なのである。

 世間では、「西原さんは高須院長の財産目当てに結婚した?」なんていう声もチラホラ……。しかし、その生活に密着すると想像とはチョット様子が違っていた。

 お昼の食卓にいたのは、同居している西原さんのお母さんと、前の夫との間に生まれた18歳の長男。夫・高須院長の姿が見当たらない。

 「前に1回だけ来たかな。おばあちゃんがぎっくり腰になって寝込んでたら、来てパッと診て『安静にしてたらすぐに治りますからね』って、スッと帰っていった」(西原さん)

1/5ページ