ここから本文です

「CL史上最年少主将」にメガクラブが熱視線!? リバプールなどが移籍金56億円を準備か

6/19(月) 16:54配信

フットボールチャンネル

 ポルトに所属する20歳のポルトガル代表MFルベン・ネベスが、欧州メガクラブの関心を引いてるようだ。ポルトガル紙『ア・ボラ』が報じている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 1997年3月17日生まれのネベスは2015/16シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で、大会史上最年少となる18歳(当時)でキャプテンマークを巻いて試合に出場している。

 すでにA代表でも2試合に出場するなど将来を嘱望されてているネベスには、ユベントスやチェルシー、リバプールが興味を示しており、移籍金は4000万ポンド(約56億円)に上るという。

 現在U-21欧州選手権に出場しているネベスだが、大会終了後にも去就は決まるだろうと同紙は伝えている。

 リバプールはローマからエジプト代表FWモハメド・サラー、ユベントスはバイエルン・ミュンヘンからブラジル代表FWドグラス・コスタの獲得に迫るなど、移籍市場でも活発な動きを見せている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)