ここから本文です

スバル「アイサイト・ツーリングアシスト」で最も使える技術とは?

6/19(月) 0:00配信

clicccar

ハンドル制御の介入を強くして車線維持を強化した「アイサイト・ツーリングアシスト」は、車線を検知できない道路状況でも先行車への追従も行います。これも渋滞時などで大きな威力を発揮するはずで、高速道路の運転負荷を減らすというSUBARUの主張も十分に理解できます。

【この記事に関連する別の画像を見る】



また、全車速型のアダプティブクルーズコントロール(ACC)の速度域が「アイサイト・バージョン3」の0-100km/h(メーター読みでは0-114km/h)から0-120km/h(メーター読みでは135km/h)まで引き上げられます。



これは、新東名高速道路や東北自動車道など一部区間で段階的に引き上げられる警察庁の施策(110km/h→120km/h)に対応するもので、「アイサイト・バージョン3」の114km/hで中途半端だなと感じていた人にとって朗報といえそう。



すでにレクサスLCは180km/hまで設定が可能で、日本車も輸入車のように180km/h、210km/hなど各モデルの設計や性能により引き上げられる日が近づきつつあります。なお、SUBARUの海外向けモデルでは、ACCの上限が180km/hというケースもあるそう。



ACCの上限が引き上げられたからといって速度制限を守らなくていいというわけではなく、また、追い越し車線を走り続けるのも「通行帯違反」になります。また、高速道路の速度上限引き上げの「お試し区間」も限られています。



今夏発売予定のレヴォーグ、WRX S4に全車標準化される「アイサイト・ツーリングアシスト」はあくまでロングドライブをサポートする機能であり、もっと運転を楽しんで欲しいという想いが込められています。くれぐれも楽しいドライブを台なしにする違反には注意したいものです。



(文/塚田勝弘 写真/SUBARU、塚田勝弘)

最終更新:6/19(月) 0:00
clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)