ここから本文です

野球部監督の“鉄拳制裁”発覚、怪文書も 日本一のスポーツ校「東福岡高」

6/19(月) 5:59配信

デイリー新潮

 日本一のスポーツ強豪校が大揺れだ。野球部の監督が、部員たちに“愛の鞭”ならぬ、鉄拳制裁を加えていたことが発覚。怪文書も飛び交い、生徒や父兄からは、監督の“余罪”が次々と聞こえてくるのだ。

 ***

 ラグビー部は全国大会で13回の優勝、日本代表の長友佑都らが輩出したサッカー部は国内外の主要大会で9回、さらに、バレーボール部も9度全国一に輝くなど、スポーツ界に名を轟かせている九州の東福岡高校で、その問題は起きていた。

 地元記者が言う。

「監督による部員への暴力が明るみに出たのは、今年3月。高野連の上部組織にあたる日本学生野球協会が、監督に対して1カ月の謹慎処分を出したと発表しました。暴力沙汰が起きたのは、今年1月、監督が練習後に掃除をサボっていた部員を見つけると、無関係の主将を呼び、“お前がしっかりしないからだ”と胸倉を掴んで、10メートルほど押したというのです」

 謹慎となったのは同校の体育教師で、野球部の葛谷修監督(59)。40年近く野球部の指導に当たり、優勝経験こそないが、春夏合わせて6回も甲子園に導いた実績を持つ。その一方で、

「実は、日常的に監督が部員たちに暴力を振るっていたことが分かったのです」

 と言うのは、部員の父兄の1人だ。

「暴力はあったが怪我をしていないという理由で、協会の処分は1カ月でしたが、学校内でも調査することになり、野球部長らが部員に聞いて回りました。すると、“実は、あった”といった声が卒業間近の部員たちから多数、上がったのです」

 これまで口にしなかったのは、監督の耳に入れば、主要メンバーから外されると考えたからだという。

「子供たちによると、監督は、人が見ていない場所で手を出すそうです。主に相撲のツッパリのように顎のあたりを何度も叩くのですが、エスカレートすると人目も気にせず、パイプ椅子を投げつけたこともあった。昨年5月には、遠征先で、スコアーを付けていた部員の腰に後ろから、突然、蹴りを入れたこともあったそうです」(別の父兄)

1/2ページ

最終更新:7/18(火) 13:54
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売
「新潮45」毎月18日発売

「デイリー新潮」は「週刊新潮」と「新潮45」の記事を配信する総合ニュースサイトです。