ここから本文です

三喜商事、来春夏から「ミッソーニ」を輸入販売

6/20(火) 12:32配信

WWD JAPAN.com

 インポーターの三喜商事は、イタリアブランド「ミッソーニ(MISSONI)」の独占輸入販売権を取得した。2018年春夏シーズンからメンズとウィメンズの輸入販売を始める。日本では03年にオンワード樫山が同ブランドの販売を開始し、その後、オンワードグローバルファッションが取り扱っていたが、5月には17-18年秋冬をもって契約を解消することを発表していた。三喜商事は、百貨店のインショップなど既存の販路の整理を行うとともに、専門店開拓の強化を視野に入れる。

 「ミッソーニ」は、1953年にオッタヴィオ・ミッソーニ(Ottavio Missoni)とロジーナ・ミッソーニ(Rosita Missoni)夫妻が設立。ジグザグをはじめとする幾何学模様を用いたカラフルなニットで世界的に知られるブランドとなった。現在は2人の娘であるアンジェラ・ミッソーニ(Angela Missoni)がクリエイティブ・ディレクターを務めている。また近年は、「コンバース(CONVERSE)」や「PORTER(ポーター)」「ピガール(PIGALLE)」などともコラボレーションを行なっている。

最終更新:6/20(火) 12:33
WWD JAPAN.com