ここから本文です

山崎賢人、「神木の隆くんとマッケンと毎日ごはんに」仲良しエピソードを披露

6/20(火) 9:00配信

ザテレビジョン

山崎賢人が6月19日、主演映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」(8月4日公開)の「JOJOリーゼント部結成 キックオフイベント」に登場。スペインロケでの思い出や、キックオフイベントにちなんで中学生時代のサッカーの思い出をたっぷり語った。

【写真を見る】JK300人とリーゼントヘアでポーズ!「キマッてる?」

山崎演じる東方仗助のトレードマークにちなみ、この日はリーゼントヘアで決めた女子高生300人が集結しての「JOJOリーゼント部」結成イベント。山崎が「リーゼントっていうのは不良のイメージに偏りがちですけど、女性がやっても素敵な髪型ですよね」と反応すると、集まったJKたちからは黄色い歓声が上がるなど大盛況となった。

作品の舞台となる架空の街・杜王町のシーンは、スペイン・シッチェスで撮影された。ロケ中の共演者とのエピソードを聞かれた山崎は、「神木の隆くん(神木隆之介)くんと、マッケン(新田真剣佑)とはほとんど毎日のようにご飯を食べに行ってましたし、伊勢谷(友介)さんや(岡田)将生くんと一緒にいったり、ご飯はけっこうみんなで食べに行ってましたね」と、共演者との仲良しエピソードを披露。

「あとは、サッカーを見に行ったりして。バルセロナのカンプ・ノウ・スタジアムっていうところにメッシとか、ネイマールとかスアレスとかがいて、すげぇ!って。攻撃陣を見て、現地で感じられて、すごいんです。ホームなので熱気があって」と、FCバルセロナのホームゲームを観戦したことも報告。中学時代にはサッカーのクラブチームに所属したほどの山崎だけに、一流のプレーに触れた経験を目を輝かせて話した。

FCバルセロナのゲームを観戦するうち、自らもサッカー熱が再燃したといい、「現地でボールを買って、ビーチで神木隆之介とサッカーをやってました」とも。「リュウはサッカーをやる役を昔やったことがあるって言っていて、リフティングとかパスが普通にできて、うまくて。最高でしたね」と笑顔を見せた。

さらに、話題は中学生時代のサッカーの思い出話に。「僕が入っていたクラブチームは本当に楽しいところだったんです。合宿先で大会があるんですが、中学2年の時の合宿で、前の夜ほぼ一睡もせずにUNOをやったりして遊んで、次の日寝ないで試合に出て全部勝って優勝したっていう思い出がありますね。夜も楽しんで朝も楽しんで昼も楽しんで」と武勇伝を明かした。

この日は、巨大なボールを“キックオフ”するセレモニーも。リーゼントヘアで固めた女子高生300人が見守る中、見事にボールを蹴り上げた。「気持ちよかった。でも重かったです。足、持っていかれて」と悔しさをにじませつつも、司会者に「もう一回やります?」と問われると「キックオフは1回です」ときっぱり。演じる“仗助”そのままの硬派な表情を浮かべた。

映画「ジョジョの奇妙な冒険―」は8月4日公開。山崎は「今年は『ジョジョ』原作の30周年記念ということで、“ジョジョイヤー”でもあるので、(映画と原作)どちらも盛り上がっていけたらいいので、よろしくお願いします!」と力強くアピールしていた。

※山崎は正しくは「たつざき」

最終更新:6/20(火) 9:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2017年号47号
11月15日

特別定価:360円