ここから本文です

抹茶・ほうじ茶・紅茶!専門店のこだわり凝縮の「お茶」を使ったかき氷7選

6/20(火) 12:00配信

東京ウォーカー

いよいよ“夏のスイーツ”かき氷の季節が到来!今年は定番の「抹茶」のほか、カフェイン少なめで人気上昇中の「ほうじ茶」、果物やスイーツと好相性で、シロップにも最適な「紅茶」と、お茶を使ったかき氷がブームに。定番、新作あわせて7店のかき氷を紹介!<※情報は関西ウォーカー(2017年6月6日発売号)より>

【写真を見る】「ほうじ茶ラテ氷」(大・900円、小・800円)/大阪浪花家

■ 生産家と茶師の技術が光る豊かな味わいにうっとり

厳選した日本茶を味わえる茶房「茶三楽」が、品種や生産家が異なる3種のお茶を選び抜いたかき氷をスタート。かき氷界にエスプーマ旋風を巻き起こした東京のかき氷の名店「しもきた茶苑大山」直伝の味わいにも注目を。

「抹茶エスプーマかき氷」(1500円)。お茶の香りが口いっぱいに広がり、ほろ苦さとお茶本来のすっきりとした甘味が余韻を残す。お茶を飲む感覚で味わえるかき氷。

お茶そのものの甘味と旨味を重視するため、甘味は最小限。シロップとあんこが別添えで提供される。

エスプーマとは、液状の食材を専用器具を使ってムース状にしたもののこと。独特のフワフワ食感と素材そのものの豊かな風味を楽しめる。

中庭を眺めながらゆったり過ごせる座敷席やテーブル席がある。

■かき氷DATA/販売期間:9月末まで(予定) 種類:3種類 注文可能時間:14:00~17:30(LO17:00) 温かいお茶:ほうじ茶(800円)、本日のお茶(1000円)など 予約:不可

■茶三楽<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町7 電話:075-354-6533 時間:11:30~17:30(LO17:00) 休み:火曜 席数:26席 駐車場:なし 交通:嵐電嵐山駅より徒歩3分>

■ 鮮やかな緑色が濃さのあかし!香りも風味も濃厚な抹茶氷

「甘味と和食 香穂」は、料亭で長年料理と経営に携わった店主による甘味と和食の店。丁寧に作られるかき氷は、まるで大きな綿菓子のようでボリューミー。鮮やかなグリーンが美しい抹茶など、手間ひまかけて作るシロップも絶品だ。

「濃厚宇治みるく」(1080円)。こんもりと盛られたフワフワ氷に、抹茶シロップと練乳を別添えで提供。ややとろみのある抹茶シロップは濃厚な香りと甘味、ほろ苦さのバランスが絶妙。

使うのはたっぷりの抹茶と上品な甘さの糖ミツだけ。火入れも一切しない。

削る前に氷をやや緩め、最適な硬さを保ちながら、薄く細長いフワフワの氷を高く積もらせていく。

カウンター席とテーブル席がある落ち着いた雰囲気の店内。

■かき氷DATA/販売期間:9月末ごろまで 種類:4種類 注文可能時間:12:00~17:00(LO16:30) 温かいお茶:紅茶(540円)など 予約:不可

■甘味と和食 香穂<住所:京都市東山区七条通川端東入ル下堀詰町234 電話:075-744-6611 時間:12:00~17:00(LO16:30)、18:00~22:00(LO20:00) ※18:00~22:00は会席のみ 要予約 休み:月曜、第3火曜 席数:16席 駐車場:なし 交通:京阪七条駅より徒歩3分>

■ レモン&ミルクの2つ味でほうじ茶を味わえる

「大阪浪花家」の、タイ焼きの老舗、東京・麻布十番の「浪花家総本家」で修業を積んだ店主が作るかき氷は、自慢のあんこを使ったものをはじめ、組み合わせが独創的。22:00まで営業しているので、飲んだあとに立ち寄れるのもうれしい。

「ほうじ茶ラテ氷」(大・900円、小・800円)。甘さ控えめのほうじ茶シロップをたっぷりと。中には北海道の厳選された白小豆から作った自家製の白あんが入っている。

レモンでさっぱりさわやかな味を少し楽しんだあとは無糖練乳をかけてミルクティー風味のかき氷に。

カウンターと鯛の形をしたテーブルが並ぶ店内。看板メニューの「鯛焼き」(150円)も。

■かき氷DATA/販売期間:通年 種類:12種類 注文可能時間:10:00~22:00 温かいお茶:ほうじ茶など、かき氷とセットで350円 予約:不可

■大阪浪花家<住所:大阪市北区中崎1-9-21 電話:06-6371-1877 時間:10:00~22:00 休み:不定休 席数:16席 駐車場:なし 交通:地下鉄中崎町駅より徒歩3分>

■ 心と体に優しい有機栽培のお茶を使用

「森森舎」は、陶芸教室を併設したカフェで、器はここで焼いたものを使用。安全な食材選びにこだわり、シロップに使用するフルーツなどはそのほとんどが無農薬や有機栽培によるもの。素材本来の味を楽しもう。

「ほうじ茶ミルク金時」(850円)。ミルクで煮出したほうじ茶シロップでおおわれた氷の上にあんがたっぷり。お好みで練乳をかけて。

クラシックなインテリアや小物でまとめられた店内は明るく落ち着いた雰囲気。陶芸工房も眺められる。

■かき氷DATA/販売期間:9月末まで 種類:10種類 注文可能時間:10:00~17:30 温かいお茶:自家焙煎コーヒー(500円)など 予約:可

■森森舎<住所:大阪市住吉区万代東1-3-14 森脇ビル1F 電話:06-6696-6313 時間:10:00~18:00(LO17:30) 休み:日曜、不定休 席数:33席 駐車場:2台(無料) 交通:阪堺電軌姫松駅より徒歩6分>

■ 香ばしい香りを包み込むふんわり甘いエスプーマ

「がるる氷」は、千里山で人気の郊外型カフェ「ガルル珈琲」の姉妹店として16年4月にオープン。メニューはかき氷のみの専門店で、自慢のコーヒーや旬のフルーツなどを使った独創的なかき氷を一年中楽しむことができる。

「ほうじ茶豆乳ラテミルクエスプーマ」(900円)。ほうじ茶&豆乳シロップのかかったかき氷。氷の中にあるきな粉ソースにより味の変化が楽しめる。

一人でも利用しやすいキッチン前のカウンター席が中心。店の奥には公園が眺められるテーブル席もある。

■かき氷DATA/販売期間:通年 種類:約10種類 注文可能時間:12:00~19:30 温かいお茶:夏季はなし 予約:不可

■がるる氷<住所:大阪市北区黒崎町5-15 電話:06-6147-3606 時間:12:00~20:00(LO19:30) 休み:月曜 ※6月末まで、7月はなし 席数:18席 駐車場:なし 交通:地下鉄中崎町駅より徒歩4分>

■ スパイシーなチャイと甘いマンゴーの絶品コラボ

「ROCCA & FRIENDS」は、世界の都市をイメージしたオリジナル紅茶と見た目もキュートな焼き菓子で人気のカフェ。紅茶を使ったかき氷は大きなティーカップに盛り付けられ、溶けて残った氷まで紅茶を飲むように味わえる。

「マンゴーとロイヤルミルクチャイティーのエスプーマかき氷」(1200円)。氷の中はマンゴー&パッションフルーツのプリン、自家製キャラメル、生クリーム、カットマンゴーが入って華やか。

デザイナーが経営しているカフェらしくセンスよくまとめられ、ナチュラルで心落ち着く空間に。

■かき氷DATA/販売期間:7月末まで 種類:1種類 注文可能時間:14:00~なくなり次第終了 温かいお茶:紅茶(680円~)はかき氷とのセットで100円引き 予約:可

■ROCCA & FRIENDS<住所:高槻市芥川町1-15-15 UIビル2F 電話:070-5431-2907 時間:10:00~18:00(LO17:30) 休み:日曜 ※7月より変更あり 席数:20席 駐車場:なし 交通:JR高槻駅より徒歩4分>

■ 上質な紅茶の香り漂う涼やかな風味のデザート

帝国ホテル 大阪 ロビーラウンジ「ザ パーク」の、明るい陽射しに包まれたロビーラウンジで楽しむかき氷はホテルのパティシエが考案した贅沢な一品。アングレーズソースでプリンのような味に仕上げられた氷の中に、アールグレイ風味のプリンが入る。

「帝国ホテルのかき氷」(1980円)。たっぷりとかかったアングレーズソースはほんのり甘く優しい味。丸ごと1個入ったプリンと絡めて味わおう。

ホテルのテーマ「水、緑、花そして光と影」を表現した24mの吹き抜けのアトリウムは開放感抜群。

■かき氷DATA/販売期間:7~8月末 種類:1種類 注文可能時間:14:00~19:45、土日祝15:00~19:45 温かいお茶:コーヒー・紅茶(1190円) ※サービス料別 予約:不可

■帝国ホテル 大阪 ロビーラウンジ「ザ パーク」<住所:大阪市北区天満橋1-8-50 帝国ホテル 大阪1F 電話:06-6881-4888 時間:11:00~19:45(LO)、土日祝9:00~19:45(LO) 休み:なし 席数:100席 駐車場:500台(400円/30分 ※3000円以上の利用で120分無料) 交通:JR桜ノ宮駅より徒歩5分>【関西ウォーカー編集部】

最終更新:6/20(火) 17:53
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

飲みやすいお酒。
東京手土産82
2018年もきちんと初詣。
進化系ドリンク