ここから本文です

コーヒービーン&ティーリーフよりビールのように注ぐクリーミーな新感覚コーヒーが登場

6/20(火) 13:37配信

東京ウォーカー

L.A. Style株式会社は、6月24日(土)より新感覚のアイスコーヒー「ナイトロ コールドブリュー(Nitro Cold Brew)」(税抜550円)をコーヒービーン&ティーリーフ日本橋一丁目店限定で発売する。

【写真を見る】6月24日(土)より新感覚のアイスコーヒー「ナイトロ コールドブリュー(Nitro Cold Brew)」をコーヒービーン&ティーリーフ日本橋一丁目店限定で発売する

コールドブリューとは、コーヒー豆を直接水に浸し、ゆっくりと数時間かけて抽出したアイスコーヒーのこと。このように抽出することで、熱による酸化を防ぎ、コーヒーの苦みや雑味、エグみのもとになる成分が溶け出しにくく、スッキリと飲みやすくなり、豆本来の深い旨みや豆の持つ特徴を味わうことができる。

コーヒービーン&ティーリーフでは、20時間かけてじっくり抽出し、豆本来の持つ味や香りを十分に引き出したコールドブリューに窒素ガス(Nitro)を注入。ビールサーバーのような専用タップでグラスに注いで楽しめる。窒素ガスは絹のような滑らかで濃厚な舌触りを生み出し、コールドブリューコーヒーのすっきりとした豆本来の旨みに加え、まろやかさと、ミルクを加えたかのようなクリーミーさを味わうビジュアルも独特で、目で見ても楽しめる1杯となっている。

この夏はいつもと一味違う、新感覚コーヒーをぜひ楽しんで。【ウォーカープラス編集部/安藤果那子】

最終更新:6/20(火) 13:37
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

最高の休日を過ごしたい
シアワセを生む睡眠
パリ発の“紙”ブランドとは?
BEST of 美術展

Yahoo!ニュースからのお知らせ