ここから本文です

【囲み会見を全収録】「JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND」ジャニー氏も初!? 帝劇の屋上でジャニーズJr.が会見!!

6/20(火) 18:20配信

ザテレビジョン

6/20(火)梅雨の晴れ間、燦々と輝く太陽のもと、帝国劇場の屋上で9/6(水)に幕を開ける舞台「JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND」(9/30日まで、東京・帝国劇場)の制作発表が行われた。

【写真を見る】国民的彼氏・神宮寺勇太の甘い投げキスも!!

会見には、Mr.KING(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人)、Prince(岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹)、HiHi Jet(橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗)、東京B少年(佐藤龍我、浮所飛貴、岩崎大昇、藤井直樹、金指一世※那須雄登は欠席)、Love-tune(安井謙太郎、萩谷慧悟、真田佑馬、諸星翔希、長妻怜央、阿部顕嵐、森田美勇人)、Travis Japan(宮近海斗、吉澤閑也、中村海人、梶山朝日、七五三掛龍也、川島如恵留)が晴れやかな笑顔で登壇。制作発表後には、囲み取材も行われた。その模様を全収録!

■ ジャニー氏の先を越した!? 帝劇の屋上で会見

――改めて、この屋上での会見はいかがですか?

Mr.KING・平野「清々しいのと、身が引き締まるのと同時に来ていて、すごく紳士になった気分です」

Love-tune・安井「ジェントルマンってこと?」

Mr.KING・平野「はい。ビルがいっぱい立ってらっしゃって」

Travis Japan・宮近「らっしゃって…尊敬してるのね、きっと(笑)」

Mr.KING・平野「はい、らっしゃって。皇居も見えるようなところで、ありがたい気持ちです」

――ジャニー社長もここに上がるのは初めてだとおっしゃていましたが。

Mr.KING・平野「はい、言ってましたね」

――その感想は聞きました?

Mr.KING・平野「ここに来てるのかな? さっき、僕も行ったことないのに~って、僕らが先にリハーサルで上がったって話をしたら、若干スネてました」

――ジャニーさんと同じ、初体験ですもんね。

Love-tune・安井「まさかジャニーさんにも初めてのことが残っていたってことにびっくりしました」

■ ローラー+タップ! 新技にも期待!

――今日は天気も良いですね。

Mr.KING・平野「はい! 意気込みだけは誰にも負けてないです」

Love-tune・安井「幸先がとってもよくて、よかったです」

Mr.KING・平野「先輩がいないという心細さもありますが、たくさんグループもありまして、個々の思いが強いので、自分の意志を出しつつ、できたらなと思ってます」

Love-tune・安井「僕らLove-tuneができたのは、去年の5月で、ようやく1年くらいなんですけど、この1年で個人のお仕事をたくさんさせてもらって、アランも舞台でW主演をしたり、個人の力もつけてきたので、グループに戻って、またLove-tuneとしてどれだけ爪痕を残せるかだと思います」

――水の中のパフォーマンスも楽しみにしています。

Love-tune・安井「そうですね。帝国劇場といえば、水を使った演出っていうイメージもあるので、その中でバンド演奏ができたら、派手なんじゃないかなって(笑)」

――そうすると、HiHi Jetも普通のローラースケートじゃなくて、何か加えてやらないと?

HiHi Jet・橋本「ですね。昨年、東山さんからアイディアをいただいたんですよ」

HiHi Jet・井上「ローラースケートを履いてタップをする人の映像を見せていただいて、“僕が好きなアーティストで、君たちがやったら面白いと思うんだよ”って、わざわざ楽屋まで来てくれて、アドバイスをいただきました。なので、ぜひ、実現できたらうれしいです」

――猪狩くん、お久しぶりですね

HiHi Jet・猪狩「2カ月ぶりに復帰しました。今はもう大丈夫ですので、完璧な姿勢で9月に臨みたいと思いますので最後までお付き合いよろしくお願いします」

Love-tune・真田「アスリートみたいだな(笑)」

――大変な怪我だったんですか?

HiHi Jet・猪狩「左足の方を。ローラースケーターとしては致命傷で…ただ、2カ月のブランクを感じさせないほどのパフォーマンスをしたいと思います」

――履くのは怖くなかった?

HiHi Jet・猪狩「まだ履いていないので、定かではないのですが。ま、でも大丈夫でしょう。信じます、自分を」

――猪狩くんらしい言葉で意気込みをお願いします。

HiHi Jet・猪狩「なるほど! まだまだ我々はルーキーですので、HiHi Jetは。先輩方の胸を借りるつもりで、埋もれないように、必死に、身を粉にして頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします」

Love-tune・安井「You can do it!」

HiHi Jet・猪狩「以上でーす」

■ 国民的彼氏・神宮寺勇太の甘~いセリフ

――東京B少年も負けていられないですね。

東京B少年・藤井「僕らはこれといった武器がまだないので、逆にいろんなものをうまく、何でもできるように、今回の舞台でも何か新しいことに挑戦したいと思います」

――具体的には?

東京B少年・藤井「まだ、秘密にしておきたいです」

Travis Japan・宮近「じらしがうまいね~」

――そういう意味では、武器をオープンにしているTravis Japanは?

Travis Japan・宮近「そうですね。今回はJr,だけですが、それぞれのグループが違う先輩のバックについてきたわけで、その先輩方の背中を見て学んだことを、それぞれのグループが出せば、よりスゴイものができるんじゃないかと。僕らもたくさんの先輩についてきたので、先輩方から学んだことを出して頑張ります」

――先程、タップという話もありましたが。HiHi Jetはローラーとタップだと。

Travis Japan・宮近「ちょっと欲張りですよねー。僕らのタップは誰もまねできないくらいのレベルを目指して、頑張ります」

――タップ対決、見られそうですね

Travis Japan・宮近「ですね」

――Princeはどうですか?

Prince・神宮寺「僕達はPrinceというグループ名が付いているので、王子様でいなきゃと思うんですけど、僕は見た目がちょっとチャラくて。。。ただ気持ちは王子様でいこうと」

――じゃ、観客の方がPrincessということですか?

Prince・神宮寺「そうですね。僕は国民の彼氏って言われているので(笑)」

――今、メロメロなセリフを言うとしたら?

Mr.KING・平野「それはもうね、自分で言ったんですから」

Prince・神宮寺「はい、いきます! 今、見てくれている全国の僕の彼女へ。帝国劇場に来たら、幸せにしてやるよ…(笑)。ちょっとキツイっすね~」

Mr.KING・平野「若干、ヤケクソでしたね、してやるよ!って」

――KINGらしく、締めくくっていただけますか。

Mr.KING・永瀬「僕らはいろんなことをさせてもらっているので、それが強みで。あとジャニーズJr.だけで帝国劇場で1カ月できるってことも、今後の大きな武器になると思います。また1つ武器が増えたので、これからもいろんな仕事で武器を増やしていきたいです」

最終更新:6/21(水) 16:53
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)