ここから本文です

夏が旬! 積丹エリアの並んでも食べたいウニ丼4選

6/20(火) 19:00配信

東京ウォーカー

北海道・積丹エリアのウニ漁解禁は例年6月。おいし~い生ウニが味わえるのは6~8月、まさに夏が旬なんです! 積丹エリアでウニ丼を味わえるお店はたくさんありますが、その中でも特に人気のお店を厳選して4店紹介しますね!

【写真を見る】「お食事処 中村屋」/番屋を改造して建てた風情あふれる外観

■ 抜群の鮮度と気前の良さが自慢の店「お食事処 中村屋」

水揚げされたばかりのムラサキウニがたっぷりのった「生ウニ丼」(写真・3024円)が看板メニュー。添加物を使用せず、ウニ本来の味を堪能できるのは漁師が営む店ならでは。ムラサキウニとバフンウニがてんこ盛りの「スペシャルウニ丼」(時価・1日10食)も必食ですよ。

■住所:積丹町日司町34-1 ■電話:0135・45・6500 ■時間:9:00~16:00(LO15:30)※変動あり ■休み:第2・4火曜※2017年7/2日曜は休み ■席数:30席(禁煙) 

■ 地元人に愛され続ける老舗の食堂「食堂 うしお」

自然の甘さととろりとした口当たりが自慢のムラサキウニが楽しめる地域に根差した食堂。美しい盛り付けの「生ウニ丼」(2900円)のほか、北の幸を存分に使用したメニューが多数そろっています。2種類のウニやボタンエビなど12種類がのる「特選海鮮丼」(3700円)も人気です。

■住所:積丹町神岬9-1 ■電話:0135・46・5118 ■時間:8:30~17:00(LO16:30) ■休み:なし ■席数:56席(禁煙)

■ 一杯で2種類のウニを食べ比べたい「食事処 鱗晃」

ムラサキウニとバフンウニ(赤ウニ)が丼の中で美しいコントラストを醸し出す「生うに丼赤白」(3500円)が看板メニュー。独自の方法で濃厚な甘さを最大限に引き出し、箸で持ち上げても形が崩れないほど身が締まっているんですよ。豊かな風味とクリーミーな食感に注目です!

■住所:積丹町入舸町109-9 ■電話:0135・45・6651 ■時間:7:00~18:00(LO) ■休み:なし ■席数:150席(喫煙可)

■ ボリューム満点の生ウニを満喫!「お食事処 積丹の幸みさき」

道内外各地からリピーターが押し寄せる、積丹を代表するウニ丼の店。店主自ら漁に出向いて採る、添加物を一切使用しない鮮度と甘さが自慢のムラサキウニをたっぷりのせた「生うに丼」(2600円)が味わえます。混雑を避けゆっくりと食事をするなら午前中がおすすめですよ。

■住所:積丹町日司町236 ■電話:0135・45・6547 ■時間:9:45~16:00(LO15:45) ■休み:第2・4水曜※2017年7/2日曜は休み ■席数:80席(禁煙)

土日は行列必至のお店もあるので、出来るだけ早く出発しましょう! 食べた後は、神威岬や島武意海岸など、積丹ブルーの絶景ビューを堪能してみてくださいね!

【北海道ウォーカー編集部】

最終更新:6/28(水) 20:38
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):700円

今夜食べたい鍋
はじめまして、新宿二丁目。
東京で楽しむ4つのクリスマス
北海道発“シメパフェ”って?